2020年02月24日

2020年2月23日礼拝メッセージ「悪でさえ良い事の計らいとされる神」   創世記50:20,21  音声で聴く。

 【序】年号が令和に変わったのが昨年5月。まだ1年も経っていないので間違って平成と書いてしまうこともあるのでは?そんな時、間違った公文書の字を間違いのないかのように修正する専門の書道家がいる。実例…
世阿弥は「風姿花伝」の中で「名人の舞というのは、全く間違いのない舞の名手ではない。人間なら間違いはあるものだが、その間違いを用いて見事な舞に仕上げていくのが名人である」それを思えば、神様という方は人間の失敗、弱さ、罪の汚点を用いて見事な人生に修正するお方と言えるだろう。ヨセフの生涯に見たい。

T.禍の答えは過去にあるのではなく未来にある
1.ヨセフがエジプトに奴隷として売られた原因を兄達が自分をいじめたからという理由でこうなったと過去に原因を求めるなら、それは1/3くらい当たっているだろうが、神の答えではない。神は「ヨセフ、あなたはエジプトで更に苦難に会い、また冤罪で牢獄に入れられるだろう。しかしその中でエジプト王の役人に出会い、彼が見た夢を解き明かす事により、数年後エジプト王の見た夢を解き明かす機会を与えられ、その結果、地域一帯に始まる7年もの飢饉からエジプトとあなたの父と兄達を救う事になる、それがあなたがエジプトに来た理由である」→禍の答えは過去にあるのではなく未来にある。
2.日本では禍の答えを過去に縛り付ける。例「悪い星のもとに生まれた」「5代前の先祖供養が粗末の所為」(見たのか?!)→キリスト「罪の所為ではなく神の業が現れる為」(ヨハネ9:3)

U.希望は人からではなく神からくる
1・ヨセフが牢獄に幽閉中、同じく入ってきたエジプトの役人の見た夢を解き明かし、その通りになって、その役人にエジプト王へのとりなしを頼むが、その役人は、そのことをすっかり忘れてしまう(創世記40:2)。これはヨセフに失望させたことだろう。しかしそれで(が)良かったのだ!なぜなら仮に役人が忘れずエジプト王にとりなしたところで、世界最強の王国であったエジプト王が見知らぬそれも外国人のために裁きを付けるなど関心も時間もない。
2.しかしその2年後エジプト王が夢を見、胸騒ぎでその解き明かしを求めた時ヨセフが登場し、見事な解き明かしで立身出世が始まる。だから人への期待外れに必要以上落ち込むな!→希望は人への期待からではなく神からくるから。

V.心が変えられるのは摂理の神を知ることによる(特に優しさ)
同50:17で兄達は弟ヨセフの復讐を恐れてとりなしを願うが、ヨセフの答えは50:21で驚くばかりの「優しさ」である。この優しさは、今までの神の導きを知ってのことである、つまり人間の悪も弱さも罪も全部ひっくるめて、益に変える神の導き―これを神の摂理というーを知ってのことである。人は変わりうるのだ。神の圧倒的導きを知る時変えられるのだ。
【証】覚醒剤に染まりやくざから見事に立ち直った故高原芳郎さんの証
(次ページ参照)…
高原芳郎さんの証
彼は父と母と兄の4人家族で、父は腕の良い植木屋であったが、女遊びも激しく又お酒が入ると人が変わったように暴力的になる。しかし仕事は一日でいくらでも稼げる庭師だと豪語していたが、ある日他の女性を連れて家を出てしまう。長男息子はまじめで立派な庭師になったが、兄が仕事先からお金をもらって帰ってくると、父は知っているのか戻ってきて金を全部持ち去ってしまう。それを繰り返すので、兄は父の良心を呼び覚ますために鉄道自殺をする。しかし父は変わらなかった。それで芳郎さんは真面目な兄の生き方ではだめだと思い、完全に反対の生活を始める、力をつけて父に復讐してやろうとやくざに入る。数年後彼女ができるが、素性を彼女には知らせず会社員とだまして、結婚相手がやくざだと知ったのは結婚の三日前。ドタキャンという言葉もない時代、恐怖心に駆られて泣く泣く結婚をする。結婚したら離婚するか家を出てやろうとばかり考える日々だった。そんな頃、高原さんの実母が息子のことで悩みもあってかクリスチャンになる。続いて妻の彼女も信仰に導かれる。妻は離婚しようとばかり思っていたが、二人の子供を思えばなかなか決心がつかなかった。それに高原さんには妻も感心する良いところがあった。子煩悩ですこぶるかわいがることだった。上の子は脳性小児麻痺だが、やくざでどうしようもない夫であったが、子供と父がにっこり笑う姿に、心打たれることもしばしばだった。祈りが聞かれたのか高原さんが驚くことを言い出した「俺、やくざをやめようと思う。キリストさんに祈ってくれるか?…」彼が思いついた一番良い方法は覚醒剤に手を付ける事であった。どういう訳かやくざ世界では覚醒剤に手を染めた人間は破門であった。しかし覚醒剤の恐怖は想像以上であり、親分も覚せい剤中毒の高原さんを見て破門をすることになった。(祈りが聞かれたかどうか???)やがて入院した時クリスチャン医師に聖書を読むことを勧められる。「義人の祈りは力がある。病も癒される」を読み、覚醒剤中毒症状が奇跡的に消える。数か月後に退院。その後教会で洗礼を受ける。更には庭師の仕事を覚え腕に良い職人になり110件の得意先を得るまでに信用される。更にやくざ時代に踏み倒してきた借金を一軒一軒謝罪して回り全て返済をする。息子も成人し親思いになり家庭の幸せを得る。彼の映画が2001年に作られ上映された主演は渡瀬恒彦、彼曰く「役者で一番難しい表情は「やくざ」と「イエス様」…高原さんにお会いしてまったく元やくざとは思えないお顔に先ず感動しました。僕もこの映画作りを通して信仰の入口に立ちたい。いや信仰を持ちたいと思います」と語った。
posted by kbcc at 11:32 | TrackBack(0) | 礼拝

2020年02月16日

2020年2月16日礼拝メッセージ 「キリストの愛」ヨハネ15章13節14節音声で聴く。

2020年2月16日「キリストの愛」ヨハネ15章13節14節
【序】教会で初めて聞いた説教で驚いた事がある。それは「神が私達を愛して下さる」という事。それまで神と言うと命のない偶像の神々だった。しかし聖書の神は生きておられ、私達を愛して下さる。新鮮な驚きだった。そこでこの愛をキリストの生涯の特徴から三つのポイントで説明したい。
T.私たちの魂の叫びを聞き上げ答えてくださる愛
聖書にバルテマイという生まれつき盲人の乞食が出てくる。キリストが通られると知って大声でキリストを「ダビデの子よ!」と大声で叫び続けた。
【証】エルサレムの乞食はエネルギッシュ…聖地を旅行した友人に乞食がお金を求めたがガイドから拒否するよう言われていたが、可愛そうなのでコインを渡そうとしたが、返された。「日本人は金持ち、もっと大きな札があるだろう」と札を求められた、「これは自分の為のお金だ」と拒否すると、「釣りを出すから」?!…そして友人は釣り銭をもらったらしい!
弟子たちはバルテマイ彼がお金を強く求めていると感じて彼をたしなめたが、キリストは彼を呼ばれた。それは彼がお金を求めているのではない深い心の叫びをあげているのを知っておられたからである「ダビデの子よ」は「メシヤ」の意味であり、イザヤ35:5にメシヤは盲人の目を開けることができる。つまり「主よ、あなたは救い主です」と言う心の底からの叫びをキリストは聞き分けられる。【証】現代幼子が心の叫びをあげているが親に届かない。叫んでいるのは子供ばかりか大人も…妻も、ひょっとして夫も叫んでいる?!なぜ人は魂の叫びを聞けないか?それは重く聞いたとしても応えられないからである。しかしキリストはあなたの心の叫びに答えて下さる!

U.徹底的に赦す愛
ペテロがキリストを三度否んだ時、次の裁判に連れていかれるキリストに見つめられたとある(ルカ22:61)「見つめる」の意味は責めるまなざしではなく、徹底的に赦すまなざし。だからこそペテロはつらくなって大泣きに泣いた(62)
【例証】宮沢賢治が農業高校教師時代に手癖の悪い生徒がいた…畑で大根を盗んだ時に賢治に出会った、1分、2分、3分経っても見つめたまま動かない。やがてその生徒はペコリと頭を下げて去っていった。後にその生徒は「先生のまなざしは僕を責める裁きのまなざしではなく、僕の良心に「それはお前らしくない、違うだろ」と優しく問いかける許しのまなざしであった、それ以後二度と盗まなくなった。

V.命を捨てる愛
【証】ある女子中学生が質問した「私たちのためにイエス様が十字架にかかって身代わりに裁きを受けて下さったことを私は信じています。でも神様が全能なら、十字架刑のような苦しみに会わせないで私達を救う道もあったのではないですか?」しかしそうではない。私達の罪のために、キリストの命が犠牲に支払われるのでない限り、赦される道はないほど私達の罪は深いのである。
【結び】ブラジル宣教師の5歳の息子の高熱のため150q離れた病院に車を飛ばしていったが、息子はうなされ声もかすれて行った。母親が手を握って励ましたが、やがてその息子はその手を放した。「イエス様が手を伸ばしてくださる」からだと言う。あなたは最後に誰の手を掴むつもりか?
posted by kbcc at 22:30 | TrackBack(0) | 礼拝

2020年02月09日

2020年2月9日 実を結ぶ秘訣 ヨハネ15章16節 礼拝メッセージ 中西正夫牧師

2020年2月9日 実を結ぶ秘訣 ヨハネ15章16節
【序】世界的活躍した人が活躍する前、考えられない程の自信喪失と劣等感に悩む時代があったというのは驚き励まされる。例えばリンカーンは「誰が惨めと言って自分ほど惨めな者はいない」と言い、ナイチンゲールは「31歳になった私に望ましいのは死だけです」と言っている。でも変えられたのだ。聖書の言葉、キリストの力によって変えられたのだ。今日の御言葉はキリストが「実を結ぶ秘訣」を教えておられる。

T.セルフイメージが高められる事
【例証】ある新聞のコラムに「口癖からその人の性格がわかる」とあった。
例:〇「忙しい」が口癖の人―忙しいことは良いことだという人生観を持ち、優先順位は仕事である。しかし仕事より大事なものがあるのを無視しているあなたは要注意!とあり、ドキッとした。
〇「そうですねー」が口癖の人-相手を否定もしないし肯定もしない、結局は自分の意思を通す。
〇「どうせ」が口癖の人―自分に自信が無く、人生観も悲観的、後ろ向き―この生き方はセルフイメージが低く実りある人生を生きにくい。しかしキリストはそういう人を真正面から愛して高めていかれる!「わたしはあなたを選んだ」これってすごい事!もし私達がキリストの様に人間の心の底が見えたらどうか?醜い心を知って小バカにするのでは?!…。しかしキリストはそんな私達を「選んだ」と言われる。神が喜ばれることは何か?素晴らしい奉仕をする?善行を積む?業績を上げる?そうではない。神が最も喜ばれるのは、どんな立派な行いよりも、神の愛を信頼する事、選ばれたことを信じ感謝する事なのだ。

U.実りを信じる事
この16節は日本語訳では「選び任命した」で句点があり、「だから出かけて頑張って実を結なさい」と読めるが、原文の訳では「わたしが、あなたがたが出かけて行って実を結ぶようにと選んだ」となる。実を結ことは神の側の選びに含まれている。だから忠実に務めを果たすなら神は実を結ぶように導かれるのである。未然に実りを信じて進む事が大切だ。【例証】アスリート「オリンピックでは金メダルを取ります」宣言。

V.祈る事
「何でも」とある。何でも祈る事だ。【私の証】落としたお金も、英会話今日エミが雪の中にコンタクトレンズを落とした時も「求めよ。そうすれば与えられる」に従って見いだせた。ともかく祈る事だ。もし御心でない祈りの場合でも、また違った形で答えられるのだ。しかし祈りの中で自己本位でない祈りがあるのに心打たれる。最後に紹介したい。
【米国の消防士の祈り】2001.9.11同時多発テロで貿易センタービルにアルカイダに乗っ取られた飛行機が突入しビル炎上して崩れ3千人が死亡した。皆ビルから逃げる中、ある人々が逆行してビルに向かっていった。消防士達!
「緊急命令を受けた時、神よ、炎がどこに燃えていようと尊い命を救う力を私にお与え下さい。年齢にかかわらず小さい子供が手遅れになることなく助け出し、年老いた人々を炎の恐怖から助け出す力をお与えください。どんなに小さくか弱い叫びにも聞き逃さず素早く炎を消す力をお与えください。私の天職に従い人生の命を懸けて人々とその財産を守れるよう導いてください。それにもしあなたが私を召されて死んだとしても我が愛する子と我が愛する妻に恵みを思い切り注でやってください」
posted by kbcc at 16:09 | TrackBack(0) | 礼拝