2016年10月30日

2016年10月30日主日礼拝「力のない者の勝利」U歴代誌14:9-12

音声で聴く。


U歴代誌14:9-12
 「力のない者の勝利」


【序】今年“オートファジー”と呼ばれる仕組みを解明した大隅良典氏がノーベル賞に選ばれた。27年半に渡る研究が奏功したのだ。ところで今日、努力すれば報われるかといえば、そうとも限らない。大きな問題に前進を阻まれ、行き詰まるということも度々あるだろう。時に私たちは挫折と失望を味わうが、何か朗報はないのか?ある!今日の箇所は「弱い者に与えられる祝福」を語る。それを体験したアサ王から語ろう。






T.苦難は祝福を体験する機会となる


アサが王になり、10年が経った頃、クシュ人ゼラフが軍を率いて王国に押し寄せた。彼の兵士は58万人。敵の兵士は倍の100万人。まず勝ち目はない。彼はこの時、神に愚痴をこぼしたり、自分の判断で応戦しようとはしなかった。ただ現状を嘆いた。自分の弱さを認め、神に叫んだ。→深い嘆きが祈りを生み出し、勝利をもたらした!
【適用】自分ではどうにもできない試練や問題をどう捉え、どのように対応するのか?作家C.S.ルイス「痛みは神の拡声器。愛に満ちた神からのモーニングコールです。」苦難は必ずしも悪いことではない。嘆きと憂いは祈りの原動力となる。アサに倣おう。






U.主は力のない者を助けられる


アサの祈りは心に響く。「力の強い者を助けるのも、力のない者を助けるのも、あなたにあっては変わりはありません。」(11)アサは主が全能であり、その力に限界はないと信じていた。大胆に助けを求めて良い。力のない者をこそ助けて下さるとの信仰だ。問題があまりにも大きいと、人は神を遠く感じたり、忘れられているような思いになる。「神は私を顧みて下さるのか?」もちろんだ。神はあなたに御手を差し伸べて下さる。
【証】井草聖二さんは中学生の時、人間関係に悩んで、ひきこもりになった。ギターを始め、高校には通ったが、誰にも心を開けないままだった。ある日、彼は自分のために祈り続けていた人々を知る。“神の愛”を頭ではなく、心で理解できた瞬間だった。かつては人と会話さえできなかったが、今ではギタリストとして様々な場所で活躍している。→「力の強い者、力のない者を助けるのも、主にとって変わりはありません。」






V.主を信じて進みなさい


アサの祈りには驚く。「…私たちはあなたに拠り頼み、御名によってこの大軍に当たります。」(11彼は「助けて下さい」と祈っただけではなかった。100万人の軍勢を「人間に過ぎない」と考え、敵の背後に神を見、「主にあって必ず勝利できる」と信じていた。アサが「御名によって大軍に当たります」と宣言したのはいつか?戦いが有利になり、敵の退散を見てから…ではなかった。戦いを始める前だ。「主を信じて前進するなら、主は必ず助けて下さる」という信仰を持っていた。また実際に勝利することができた!
【例】ヨシュアも、ヨルダン川で同じ体験をした(ヨシュア記3章)。主の言葉に従い、「祭司たちの足が水際に浸った時」、「水はつっ立って…水は完全にせきとめられた」とある。→信仰を働かせた時、人は神の力を体験する。神はこんな信仰を喜ばれる。
【適用】主の愛と力を信じて、一歩踏み出そう!主はあなたに力をあらわして下さる。


posted by kbcc at 00:00| 礼拝

2016年10月23日

2016年10月23日主日礼拝「あなたに関する神の祝福計画」エペソ2:10

音声で聴く。


エペソ2:10  「あなたに関する神の祝福計画」



【序】金持と音楽家が歩いていた…虫の音は音楽家には聞こえたが金持には聞こえない。お金の落ちる音は金持には聞こえたが音楽家には聞こえない。人は関心に従って聞き分けている。関心に従って見るもの聞くものが決まってくる。どんな人生を生きるかは、何に関心を持っているかで決まってくる。…豊かなそして確かな人生を生きるためには聖書に関心を持たれることをお勧めしたい。なぜなら聖書には「あなたに関する神の祝福計画」があるからだ。


 

T.第1―あなたの命の作者を知る



「あなたは神の作品」(10)

高校3年生まで私は人間の命の作者は両親と思っていた。確かに両親を通して人は生まれるが、男か女かさえ両親には決定できない。聖書によれば、あなたの命の作者は神なのだ!人間の構造を見る時「デザイナー」無しには不可能な見事な業! 【例】人間の骨の中で唯一成長しない骨がある。耳小骨(3o)。外部の音がこの骨に当たり脳に伝える共鳴体。もしこの骨が他の骨の様に成長するなら、日々に音が違って聞こえてしまい、特に母の声が日々違って聞こえる!耳小骨が成長しないのは正に素晴らしいデザイナー(神)がおられるとしか考えられないではないか?!。


 

U.第2―あなたの価値を知る



「神の作品」=原語は神の最高傑作との意味

→神はあなたという存在自体に最高の価値を置いておられる。

人は皆自分の価値を付けようとして必死な努力をする。人生は価値作成の歩み→教育、資格、才能、富、地位…。しかしその価値づけはやがて挫折もあり傷がつく。 【証】リオオリンピックで史上初の大記録―23個目の金メダルを取った水泳の怪物フェルプス選手の挫折と回復。8歳の時、両親離婚。父は彼に会おうとせず、自分は愛されてないと心に傷。しかし水泳で目覚ましい活躍。皆称賛し、父の愛の無いことを忘れる事も出来た。しかし体力の衰えと共に酒浸り、飲酒運転で二度の逮捕。英雄扱いはどん底。儚さを知り鬱病。そんな時、アメフトのスーパースターのレイ・ルイスが一冊の聖書メッセージ本を送ってくれた。内容は「人の価値はメダルの多さや実績にあるのではなく、ただ神に造られた事実の故に価値があるのだ、その価値は犯罪を犯しても変わる事はない」→リオオリンピックで金メダル獲得した。

聖書は人間を譬えるのに「羊」が多いが一つ変わっているのがある→「お金」だ。

私が持っている1万円紙幣。こうしてくしゃくしゃにしても踏みつけても価値は変わらない。1万円は1万円!あなたが過去に人に踏みつけられても、いじめられても、年老いて何もできなくなっても、価値は変わらないのだ!(イザヤ43:4)


 

V.第3―あなたの使命を知る



「良い行いをするためにキリストイエスにあって造られた。…その良い行いをもあらかじめ備えられた」(10)

「良い行い」からボランティアを考える人もいるかもしれないが、イライラカリカリの心でボランティアしても届かない。むしろ行いの前に心が大切である→エペソ4:32「お互いに親切にし心優しい人となり…互いに赦し合いなさい」とある。人間洞察に優れた太宰治は言う「優秀の優という字はやさしいとも読む。真に優秀な人は優しい人だ。中途半端に優れている人が人を傷つける」と。心したい。そこからあなたらしい良い行いがついてくる。その行いも備えられている。


posted by kbcc at 00:00| 礼拝

2016年10月16日

2016年10月16日主日礼拝「イサク誕生が意味するもの」創世記21:1-7

音声で聴く。


創世記21:1-7  「イサク誕生が意味するもの」



【序】ギネスブックには世界最高齢の初産記録がある。米国のルイスさんで57才だが、アブラハムとサラ夫婦に生まれたイサクはアブラハム百歳、サラ90才の時。(4千年前アブラハムの寿命175才、サラ127才ではあるが…)。とはいえ超高齢出産! しかしこの赤ちゃんの誕生は、ただ高齢出産とか、待望の初子だったとかという事以上に、私達にも適用できる励ましのメッセージがある。



 



T.成功後の油断に気を付けよ



「約束の通り」「仰せの通り」(1)と繰り返されているように、イサク誕生は神が語られていた約束を真実に守られた事を意味している。それは今日「聖書」に従って生きる者に、神の言葉に従って間違いはないという励ましである。しかし覚えておきたい事は、神の言葉の実現の「時」に関しては、ぎりぎりまで示されなかった、ということである。なぜか?それは、神は直ぐに「時」を示すよりも、約束の御言葉を信頼して待ち望むこと、忍耐して希望を持ち続けることを、より大切なこととされているからである。

【適用】あなたも聖書に聞き従う人生の中で、神の御言葉に励まされてきただろう。しかしなかなか実現しなくて神の沈黙のように感じて事があるのではないか。しかし神の時があるのだ。

「もし遅くなっても、それを待て。それは必ず来る。遅れることはない」(ハバクク2:3)



 



U.神は全能である



アブラハム100才、サラ90才の時イサクは誕生した(5) 現代の年齢に換算してもサラ62才。彼らが子供を産む力がなくなった時に実現したという事である。なぜ神はわざわざ彼らが人間的には生む力がなくなった時にイサク誕生を実現されたのか、それは後に生きる私達に神は人間の限界を超えて御業をなさるお方である事を知らせる為であった。今日、神の全能の力は私たちの別世界で行われるのではなく、私たちが直面する問題の中に示される。

【証】教会員や求道者の劇的救いや癒し…説教者としての私の声帯ポリープー手術なしの癒し(「神である主は私に弟子の舌を与え、疲れた者を言葉で励ますことを教え、朝毎に私を呼びさまし、私の耳を開かせて私が弟子の様に聞くようにされる」(イザヤ50:4 1996.1.1)

非常識は困るが、常識を越えた神の全能の力の世界があるのだ。

「神にとって不可能なことは一つもありません」(ルカ1:37)



 



V.神は恵み深い



アブラハムは良きこともしてきたが、酷いこともしてきたのである。その不真実と罪にも拘わらず、神は恵みを賜った。私たちはキリストの十字架を信じる者に過去、現在、未来の一切の罪が帳消しにされる恵みを賜った。

【適用】罪の自覚に悩む者よ、赦された罪は忘れなさい。赦された恵みこそ覚えよ!

「私たちは真実でなくても、主は常に真実である。彼は御自分を否むことができないのである」(Uテモテ2:13)



 

posted by kbcc at 00:00| 礼拝