2017年01月09日

2017年1月8日 礼拝メッセージ 「日々新たに」 Uコリント4:16−18 

Uコリント4:16−18        「日々新たに」        17/1.8
【序】美容整形本を読んだ(私が何かしてもらうのではないが…)最近医者も驚かすような手術が増えているそうだ。目や鼻の整形ではなく、何と手相を変えてほしいとの事。生命線が短くて不安で仕方ないらしい。誰でも健康で長生きしたい気持ちがある。そんな私たちに、聖書は有難い事に「日々新たに」と語ってくれる! 耳を傾けよう。

T.「日々新たに」生きるために必要な事
 TVコマーシャルを見ていると様々な健康グッズやサプリが登場する。試してみての実感は「大した効果は無いな」である。それに対して聖書は「物を見る視点を変えよ」と語る。すると神御自身が新たにして下さるというのだ。変えるべき三つの視点!

U.変えるべき三つの視点
1.自分自身に対する視点―「外なる人→内なる人に」(16)
「外なる人」とは外面的な自分―身体や社会的評価を意味する。これで悩む人が多い。以前教会に招いたが歌手の久保田早紀さんは「セルフイメージ」という事について語られた。自分の鏡に自分がどう映るかである。人気歌手もセルフイメージが低い人が多いらしい。>幸福のカギは自分に対する受容なのだが、残念ながら自分に対する受容は自分が自分に向かって「あなたは愛されている」と言っても力にならない。自己受容には他者を必要とするが、その他社も人間ならコロコロ変わる。絶対他者が必要である。神はこう言われる→イザヤ>43:4「私の目にあなたは高価で尊い」。
 あなたを無条件で愛し受け入れて下さるのだ。神の愛を見出した自分を「内なる人」と呼んでいる。この「内なる人」を発見し無限の神の愛に生きて頂きたい。

2.苦難に対する視点―「軽い艱難→重い栄光に」(17) 
パウロは肉体的、精神的に重い艱難を経験した。しかし「艱難」には重い栄光が伴っている。「艱難」が表表紙だとすれば裏表紙には「栄光」が張り付けられている。
【証】「星野富弘さんの詩「あなたからの贈り物 固くてデコボコで 私には重すぎて 捨てたくなったこともありました でもあなたが私を選んで 送ってくださったもの 仕方なく戴きましたが 今では私の人生を 輝かしてくれる大切なもの やっとお礼が言えるようになりました 贈り物ありがとう」 苦難を理解するのには時間もかかる!∴苦難の表だけで結論を出してはいけない。裏を覚えよ!

3.現象に対する視点―「見えるもの→見えないものに」(18)
「見えるもの」=現象の世界。「見えないもの」=神御自身。現象は日毎に変わり、それだけ見ていると振り回される。すると余裕もなくなり心配毎に支配される。故に聖書は視点を目の前に起こる現象から、神に置くように勧める。なぜなら神はその現象をも支配しておられ、しかも万事を益に変えられる神だから!現象に視点を置くか、現象をも支配される神に視点を置くかは安定度が違う。
【結び】新年が始まった。視点を変えて日々新たに生かされたいものだ!
posted by kbcc at 01:15| 礼拝

2017年01月01日

2017年1月1日元旦礼拝「見よ、わたしは新しいことをする。」音声で聴く



メッセージ「見よ。わたしは新しいことをする」
イザヤ43:18,19     「見よ。わたしは新しいことをする」   2017年元旦  
【序】「明けましておめでとうございます。今年もこの講壇から神の御言葉による祝福を伝えたく願っています」
さてこの新年、願わくば幸せや喜びをお互い多く体験したいものだが、そうでない事も起こるかわからない。仮にそうでも、深刻に悩む代わりに笑い飛ばす事ができたら、どんなに良いだろう。元来、日本人は真面目。それだけに問題を深刻に捉えて悩みこんでしまう。すると気持ちも塞がり、見える答えも見えなくなってしまう。明るく笑い飛ばす事ができれば解決も近づいて来る。しかしどうやって?聖書を通して神のあなたに対するビジョンを知ることだ―新年に当り、これを伝えたい。

1.神はあなたの為に祝福計画を持っておられる
「見よ。わたしは新しい事をする」(19)と神は私達の為に新しい祝福計画をもっておられる。
【例】我が家にはコーヒーがたくさん置いてある。自分で買ったものも戴きものもある。なぜ備えてあるか?それは私がコーヒーが好きだから。これは神さまについても言えることだ。神はなぜあなたを造り、それぞれの場所にお置きになったか?それは神があなたを愛しておられるからだ→43:4!もしあなたを嫌っているなら、初めからあなたという人間を造られなかった。あなたがこの世に存在している理由は、神があなたを愛しておられるからだ。その神があなたの為に祝福計画を持っておられる。

U.その祝福計画とは何か?
「荒野に道を、荒れ地に川を設ける」(19b)
  私たちの人生と家庭に「荒野に道を、荒地に川を設ける」事である。特に「荒野と荒地」と言われる部分に「道」と潤いの「川」を設ける神のビジョンなのだ。
その祝福をあなたに成したいと願って下さる神なのだ。 
【証】荒地の山が動いた!…夫に先立たれ経済も厳しくなったケニア夫人の実話…
あなたの創造者である神の計画によれば、あなたという存在はあなたが考える以上の存在なのだ。創造者抜きならあなたはあなた以上のあなたではない。だから神と直結する事だ。
   

V.過去にとらわれてはいけない
「先のことどもを思い出すな。昔のことどもを考えるな」(18)
二度にわたって強調されている「先の事、昔の事」の中には過去の成功も含まれる。過去の成功に溺れず、天狗にならず感謝を忘れず謙遜に生きたいものだ。また「昔の事」の中には、失敗や罪と恥もあるだろう。しかし恵み深い神は「先の事を思い出すな」と言われる。神はあなたの過去の罪恥を帳消しにして下さる→43:25!
【適用】悪い習慣に悩む男性が「またまたあの罪を犯してしまいました」
主「あの罪とは何のことですか。全部忘れていますよ」
※赦された罪や悔いは忘れなさい。赦された恵みこそ覚えなさい。
【結び】新年を神に希望の御言葉を多く蓄え進もうではないか! 
posted by kbcc at 14:45| 礼拝