2017年01月29日

2017年1月29日礼拝メッセージ「挫折に勝たせるもの」 IIコリント12:7-10

Uコリント12:7−10「挫折に勝たせるもの  

【序】人生は順風満帆とは限らない。時に躓きや挫折がある人間関係、健康面、家庭問題、仕事など…。挫折にどうやって打ち勝って生きるか、それは現代の大きな課題である。聖書のメッセージを伝えたい


T.(意外であるが)「挫折の効用」を語る人々

 ○安藤忠雄氏(建築士、万博日本館、最終学歴工業高校卒だが東大名誉教授

「僕は大学の専門教育を受けないまま建築の設計に飛び込んだ。設計しながら常に専門教育を受けていないハンディキャップがあったが、一方そういう苦労がない人というのは粘りがない。スーッとストレートで一流大学や一流企業に入っていくと、ストレートにはいかない人生の逆境に弱いのではないかと思う」

渡邊和子(ノートルダム清心女子大学名誉学長)

「第一志望が叶えばおめでたい事。しかし挫折も人生で非常に大切。その時はそれなりにしっかり苦しめばよい。只それに打ちのめされずに、それだけが唯一の自分を生かす道でないのを知るゆとりがほしい」


U.パウロの挫折

「肉体のトゲ」(7)14年前からの病気で具体的には不明だが、表現から身体に痛みを伴う病それで癒しを求めたが癒されなかった病に打たれた事も挫折であるが、癒されない事は更なる挫折であった。しかしパウロはここから人生の奥義である神の御心を知る。それは癒されない病や挫折経験をもつへの励ましである


V.挫折に勝たせるもの

1.否定的な数えないで恵みを数えよう

挫折すると否定的な思いに捉われ易い「あれがなければ良かったのにパウロも「病をサタンの使い」(日本的には祟り)と呟いていた。しかし悔やんでもどうにもならない自分を蔑む思いが増幅するだけで良いものも生まれない。しかしどんな病の中にもに留めるべき恵みがあるなのだ。→神様は「わたしの恵みはあなたに十分である」(9)と語り、挫折の中にも恵みを注いで下さることを示される

【証】12年夏悪性リンパ種で召天された故柴田敏子姉を生前訪問した時の会話…

「私はずっと健康に気を付けてきたのに、何故こんな病になったのか、ずっと考えてたんです」「それは考えても分からないし、当たらないでしょう。それよりイエス様はヨハネ9章で言われた様に「誰の所為でもない、ただ神の業が現れる為である…だから原因なんか考えないで恵みを考えませんか。どんなに長生きする人に勝る永遠の命をもう戴いているし、子供さんたちはケアを良くされるし、悩まされたご主人も救われたし、良かった探しをしましょ」「(顔色が変わって嬉々として)わかりました

2.挫折は新たな力を与えられる時だとりなさい

 神は病を癒す力も持たれるが、病をも超える力も与えられる(9,10)

【証】元体育教師の星野富弘さんも頚椎損傷で首から下が麻痺。挫折を経験しかも9年の闘病生活にも拘わらず癒されず。しかしマタイ11:28のキリストの言葉に出会いキリスト信仰を持つ→口に筆を加えて絵を描き詩を添える。多くの人に感動を与える人生→新たな力を与えられた。

posted by kbcc at 20:10| 礼拝