2017年02月26日

2017年2月26日礼拝メッセージ「落胆の中から見えてくるもの」出エジプト記6:1-9 音声で聴く。

出エジプト6:1−9 「落胆の中で見えてくるもの」

【序】人生に落胆する事があるだろう。私も教会開拓3年目に起こった事は堪えた。0人から11人のメンバーになり幸先良いと思えたが、私への批判が起こり、6退去された。同僚からは金剛教会はつぶれたと噂され、蕁麻疹が一カ月生じ悩んだしかしこの落胆は後に教会とは何かを深く聖書から学ぶ機会が与えられ今日の基礎になった。

今日お伝えしたい事は「落胆の中で見えてくる希望があるのだ」ということだ


T.落胆の原因

9節に落胆と激しい苦役のために…聞こうとしなかった」とある。

@民の落胆―奴隷であったイスラエルの民重労働のように先が見えない事には落胆を覚える。これは仕事でも病気治療でも先が見えないなら落胆する

Aモーセの落胆―遡る40年前、イスラエルの民を救おうとしたが理解してもらえず挫折理解してらえない事には落胆する自信喪失→逃亡

【適用】落胆時は「なぜあんな事をしたのか、あれさえなければ」という過去の問題に縛られて動けなくなる。一番の問題はそれに縛られて希望が見えないという「縛り」である。もしあなたが過去の何かに目と心が縛られ落胆の中にあるなら、あなたの落胆から解放するの語りかけがあるという事を知って頂きたい!


U.落胆の中で語られる神の言葉

1.落胆しなくなる時が来る「今にわかるようになる」(1)

今は民も落胆し、モーセも落胆しているが、それは今の時点しか見えていないから。しかし6、7節を見よ!民の落胆は変えられ、やがて約束の地に導かれる。

【適用】あなたが落胆の中にあっても、言えることは今があなたの人生の全てではないという事だ。現実の理不尽に当たらぬ意味を付けず、「今にわかるようになを信じようではないか!


2.信仰を広げなさい→「わたしは主である」という言葉が3度も語られる。(2,7,8)

 「主」とは私たちの人生に起こるすべての事柄が一切の支配者、責任者であるとの意味。その神を落胆の中で見いだすことは幸い!

  【適用】今まであなたの求道や信仰の神はひょっとしてあなたの小さな世界の中でしか信じていなかったのではないか?仕事の中だけ、必要のあることの中だけ…。あなたの落胆時の最大の必要は人に分かってもらおうとする事ではない→あなたの創造者である神を領域で知るである。全ての不可解であれ全ての事柄の主である神はあなたの救い主!


3.再び過去のトラウマが癒されるチャンスが与えられる

モーセには40年前に挫折したトラウマがあった。しかし神は再びチャンスを与えてトラウマから解放される。神は決して人が挫折のまま人生を終えることを望まれない。チャンスを下さるのだ。神はあなたそのものを用いられる。多くの人は「自分なんて」と過小評価するが→ゼパニヤ3:17

  適用自分を低く過小評価するのをやめよう。あなたが教会に来ていること既に神があなたに注目しておられる事だ!神はあなたの傷を癒し豊かな人生へと導こうとされている過小評価はやめよう!

posted by kbcc at 13:23| 礼拝