2017年03月28日

2017年3月26日礼拝メッセージ「心の叫びが聞こえますか」マルコ10:46-52 音声で聴く。

マルコ10:46−52      「心の叫びが聞こえますか」     17.3.26

【序】皆さんは親から良い名を付けてもらっている。司会の○○さんもそう。しかし今日出てくる人物は名前を付けてもらっていない。それだけでどんな苦悩の人生か想像できる。しかしそんな彼がキリストに出会い救われる。


T.闇の人生にも救いの出会いがある

彼の事を「テマイの子バルテマイ」(46)と紹介されているが、バルテマイとは名前ではない。バル=子→即ちテマイさんの子。盲人に生まれた彼は呪われた存在として、親から固有の名前も付けてもらえず物乞いしか道がなかった。彼の人生は闇で閉ざされ夢も希望なかった。しかし彼に一つの噂が入ってきた。同僚の盲人の話では、キリストというお方は盲人の目を開けられただけではなく「盲目に生まれたのは親の罪の所為でも本人の所為でもない、神の業が現れるため」(ヨハネ9:3)と!生きる力をと希望を与える言葉。更に死人は甦り、嵐を静めた噂…。彼の前をイエスが通る。心は弾む。乞食をするしか道がなかった彼に大きな出会いが備えられていた。 

【適用】どんな人も人生のどこかで素晴らしい出会いを経験するチャンスがある。あなたが教会に来られて聖書の話を聞いているという事実があなたの創造者である神との出会いなのだ!


U.心の叫びを聞き分けるお方がいる

バルテマイは叫んだ。「私を憐れんで下さい!」(47)

この叫びの背後にあるものは※自分なんか生きる価値がない。自分なんか愛される資格がないという自己存在の否定、自己評価の低さから来る叫び。なぜ自分の責任でもないのに名前もない人生を生きねばならないのか。これが彼の腹の底にある叫び。星野富弘の詩に「私には二つの曲が流れている、人と接している時の楽しそうな曲と一人の時の暗い曲」

腹の底を面白く歌う川柳がある→「馬が合い結婚すれば牛になり」「値段見ず俺に似合うと言ってくれ」「今に見ろ遺言書見て驚くな」川柳なら笑い話で終わるが現実は悲惨→教会で花の日のお見舞いに富田林病院に皆で行った時…一人のおじいさんに花を子供が渡そうとして、看護師にとどめられた。反応がないからという、しかし花をもらったおじいさん病室中割れんばかりの大声で泣き出された。心の中は看護師さんにもわからない。しかしキリストは腹の底にある叫びを聞き分ける方!


V.何が救われるための正しい信仰告白か

バルテマイはキリストに「ダビデの子」(47,48)と告白した。他の人は「ナザレのイエス」としか呼ばなかった。単にナザレ出身のイエスとの意味。「ダビデの子」とは「キリスト即ち救い主」である。この告白こそ救われる事の出来る正しい信仰告白!

【適用】あなたはキリストを何と呼ぶか?キリスト教教祖? 天才?→キリスト教の根本はイエス=キリスト(私の罪からの救い主)と信じる事である。バルテマイは皆に遮られる中で勇気をもってイエスにそう告白した。キリストはその告白を深く受け止め、救いを賜ったばかりか目の癒しも得たのだ。

【適用】ある人はイエスを信じたいと思っても、その思いをイエスに叫ばないで、心の中にしまったままではないか?主は答をご存じであるが、あなた自身が救いの願いをキリストに言い表わす事を求めておられる。


posted by kbcc at 16:50| 礼拝

2017年03月20日

2017年3月19日礼拝メッセージ「悪に対処する」創世記30:25-36 音声で聴く。

創世記30:25−36        「悪に対処する」       17/3.19

【序】地球上に善人ばかりだといいだろうが、残念ながら現実は善人も悪人もいる。親切な人も意地悪な人もいる。それが毎日関わらなければならない人の中にいたらしんどい事だ。ヤコブは20年もそうだった。今日の主題は「悪に対処する」だが、私たちも同様に悩むことが多い。聖書に聞こう。


T.帰郷願いをラバンに申し出るヤコブ

叔父の家に20年に亘り無報酬で働いたヤコブは子供も多く与えられ、叔父の事業もヤコブの働きのおかげで拡大し(30)、義理を果たしたということで、叔父に帰郷を申し出た。(25、26)

ラバンは「ヤコブの望む報酬を渡す」と言った。(28)

 そこでヤコブは「ぶち毛とまだら毛の羊と山羊」を求めた。(32)

今もそうであるが羊も山羊も白い毛がほとんどであったのでヤコブは報酬として、は実に少なく求めた。20年のただ働きを考えるとヤコブの謙遜である。


U.酷い扱いをするラバンと神の恵みに満ちた顧み

ラバンは数少ない「ぶち毛とまだら毛の羊と山羊」を求められてホッとした筈で

あるが、その日のうちにラバンは数少ないそれらの羊と山羊を群から三日の道程  

ほどヤコブから遠ざけている(35、36)。結婚の時も底意地悪いラバンだったが、今回もそうだ。しみったれラバン、けちなラバンである。

叔父ラバンの酷いケチな扱いに憤りも感じるが、なんと生まれてくる羊と山羊がヤコブの願った「ぶち毛とまだら毛」のものばかりが生まれてくるのだ。ラバンの酷い仕打ちを神は御存知でヤコブに豊かな報酬を与えられたのである。(39)

  

V.実生活への適用

1.報いは人に求めず神に求めよ

強欲なラバンに対してヤコブは謙遜な報酬を求めたが、ラバンは徹底して意地悪でケチでしみったれだった。しかし神はそのヤコブを祝福しラバンのケチを蹴散らかすまでの報いを与えられた。祝福は人からではなく神から来るのだ。

→マタイ2−4

2.悪に対して悪で応酬するな。善で勝て

人間的感情で言えば、悪に対して仕返しをしたい、間違いを正したい。強欲な人に対していつまでも良い人の様には振る舞えない、と思うのだが、その道は結局はいつまで経って果てしない復讐合戦でストレスが溜まるだけである。故に聖書はこう教えている。

→ローマ12:19−21


【証】真珠湾攻撃総指揮官―淵田美津雄大佐の回心…


posted by kbcc at 14:08| 礼拝

2017年03月14日

2017年3月12日礼拝メッセージ「20年の不遇時代で学んだ事」創世記29:15-30 音声で聴く。

創世記29:15−30     「20年の不遇時代で学んだ事」    17.3.12

【序】260年もの長き徳川幕府の基礎を作った家康は少年期を今川義元の人質として不遇時代を過ごしているがわれ志を得ざるとき忍耐この二字を守れり。」と言い、後にこの忍耐で優れた人身術を得ている。→「鳴かずんば殺してしまえ不如帰」(信長)。「鳴かずん鳴かしてみせよう不如帰」(秀吉)。「鳴かずんば鳴くまで待とう不如帰」(家康) さすが長期幕府を築いた家康の知恵だ。

誰にも不遇時代があるものだが、学ぶ事もあるのだ。今日学ぶヤコブも叔父の家で肩身の狭い20年を過ごしたが、そこで学ぶべき事を聖書は伝えている。今日私たちも学ぶ大切な真理でもある。


T.時間が心を整えてくれる恵みを学んだ

ヤコブには故郷で父と兄を騙し財産を奪い謝罪しなければならない大きな問題があったが未解決のまま出てきた。20年後に和解となるが、逃亡直後、神は彼を責めないで、20年間、心が整うまで待たれた。神の忍耐と愛を感じる20年である。

時間が経たねば解らない事がある。時間が経たねば正直な心になれない事もある。全ての営みにふさわしい時を神は導いて下さる→伝道者の書3:1

∴日々の務めを淡々とせよ!そうすれば心も整えられ変えられていく。

【証】S牧師夫妻が息子を亡くした…牧師夫人は夫に「今後、私は笑う事がないかも知れません」と言った。しかし20年後同じく子供を亡くした婦人が尋ねて帰り際に言った「私も奥様の様にいつか笑える日が来ますよね」


U.人は蒔いたものを刈り取ることになる事を学んだ

ヤコブは叔父ラバンから「親類だからといってただで仕事をすることも無かろう。報酬を上げよう。何がよいか?」(15)と言われ、二人の娘のうち、恋心を抱いたラケルを下さい、と言う。7年経って、ラケルと結婚できるとワクワクして夜を過ごして朝になって驚く。何と叔父が遣わしたのは姉のレアだった!

叔父に文句を言うと「この地方では妹が先に嫁ぐ習慣はない」との事。騙されたのである!これは父を騙した苦い記憶を思い出させたであろう。

【適用】騙した者は騙され、裁く者は裁かれる。人をバカにした者は人にバカにされる。→人は蒔いたものを刈り取る(ガラテヤ6:8


V.神は不遇時代にも幸せを与えられる事を学んだ

 父と兄を騙し叔父の家で肩身の狭い生活をしたヤコブであったが、そこで家庭を持ち12人の息子を与えられる。もし辛い生活だけだったら、耐えられない日々であっただろう。生まれた息子12人は後のイスラエル国家の礎となる12部族になり、その息子ユダの子孫から救い主が誕生する事を思えば、神は辛い中にも幸せを経験させて下さることが分かる。

【適用】辛いことだけを見るのをやめて、回りの中から恵みを数えようではないか!「困難の中で見栄を張ることをやめよ。悩みの中で人に頼ることをやめよ。苦しみの中で物に頼る依頼心を捨てよ。井戸の底からは昼間でも星が見えるように人生の苦難の中から神を見上げよ」

見えるものにではなく見えないものに目を注ぐ(Uコリント4:18

posted by kbcc at 10:02| 礼拝