2017年05月09日

2017年5月7日礼拝メッセージ「私は私以上の私になれる」創世記35:9-15 音声で聴く。

創世記35:9−15       「私は私以上の私になれる」     17.5.7

【序】時々尋ねられる「私は性格が暗くて批判的、なので中々友達も作れない。性格って変えられますか?」と。私は「性格は神が作られたもので基本的には変わらないですね」「そうですか…(溜息)」しかし一つ付け加える「性格は変わらないとしても人生は変わりますよ!」と。今日の聖書からその希望をお伝えしたい。


T.誰が人生を変えるのか

それは創造者である神が性格を超えて人生を作り変えられるのである。人の努力ではなく、神の御業の故である。10を見てみよう。「あなたの名はヤコブであるが…もうヤコブと呼んではならない。あなたの名はイスラエルでなければならない」

つまり生来のヤコブは強さもあるが弱さも欠点もあり、そのままでは直ぐに衝突してしまう。その彼の人生を神が作り変えて、彼の子孫からイスラエルという国家を生み出す人生に変えられた。それと同様に、神は今日も性格を超えて人生を作り変えて下さるのだ。表題に「私は私以上の私になれる」としたが、正に神は私を私以上の私に変えてくださるのである


U.どのように人生が変えられるのか

1.弱さからの解放「もうヤコブと呼んではならない」(10)

ヤコブの人生は父や兄そして叔父との激しい対立であった。その理由は根にある競争心!→創世記27:36に彼の名前の由来がある→ヤコブとは「押しのけるもの」の意味。人は神によって造られたが、どこかの時点で神無しで生きて行こうとする。ヤコブもそう生きてきた。頼るものは自分であり、お金であり、能力だと。すると人間しか見ないので激しい競争心が生まれる。どうしても負けたくない、勝ちたい。この過度の思いが人生を疲れさせる。どんなに成功しても、いつ振り落されるか戦々恐々で安らぎがない。これが彼の人生であった。しかし神との出会いを通し弱さから解放される即ち勝ち負けの執着がなくなり人との比較ではなく自分自身を生きればよいという生き方に変えられるのだ!

【証】がむしゃらビジネスマンだったMさんの回心…

2.神の力を知る未来の祝福「わたしは全能の神である」(11

 4世紀頃作られた信仰告白に「使徒信条」というのがある(新聖歌P826その中に

「我は天地の造り主、全能の父なる神を信ず」とある。全能の神が強調されている。この全能とは人間にとってどういう意味か?それは何でもかんでも祈れば神はそうして下さる、ということではない。神の全能とは、私たちの最善の人生のために私達が関わることを主は全能の力をもって成し遂げてくださるという事である→詩篇138:8。 これは私の牧会人生において体験してきたことである

【証】肉体的命の危機からの回復という神の全能の力(陽平君)。 会堂建設での奇跡的資金調達! 危篤状態での劇的な信仰告白による救いに見られる神の全能の力(吉田さん、竹井さん、土屋さん、浅見さん、狩野さん、細川さん達)…エペソ1:19 

posted by kbcc at 11:47| 礼拝

2017年05月02日

2017年4月30日礼拝メッセージ「どんなに失敗しても」ヨハネ21:1-14 音声で聴く。

https://www.youtube.com/watch?v=lpjj2v-QJ0s

ヨハネ21:1-14      「どんなに失敗しても」      17.4.30

【序】言い間違いなら笑って済まされるが、生きていればそうはいかないこともある。「あんなことをなぜしてしまったのか」「あれさえなければ」という経験だ。弟子たちもそうだった。よみがえられたキリストに会い、大喜びしたが、心には忘れることのできない痛みがあった。何を悲しんでいたのだろう。そんな彼らに何が起こったのだろう。共に聖書から聞きたい。


T.失望の原因

「私は漁に行く」とペテロが言ったのは、単なるフィッシングではなく、良心の痛みを感じて

いたからだ。かつて主イエスに「あなたのためなら命さえ捨てます」と言ったが、自分の身を

案じ、逃走してしまった。当日、他の弟子たちもキリストを捨てたため、同じ気持ちだった。

大抵の人は過去の失敗に悩み、その悲しみから逃れようと、何か励ましてくれるものを探す。

【先人の名言】「挑戦して失敗を怖れるより、何もしないことを怖れよ。」(本田宗一郎)

「失敗とは転ぶことではない。しゃがみこんだままでいることだ。」(ピックフォード)    

人の言葉には勇気づけられるが、気付くと私たちはまた自ら過去に戻り、落ち込んでしまう。そんな自分を失敗者と見る人がいるかもしれないが、あなたを「○○」だと決めるのは一体、誰か。それは、あなたか。そうではない。聖書に戻り、弟子たちに起こったことを見よう。


U.キリストのご計画

 弟子たちの心をご存知の主は、自ら近づき、声をかけられた。「舟の右側に網をおろしなさい(6)」弟子たちがその通りにすると、何と大漁!彼らは“あの日”の出来事(ルカ5:4-11を思い出した。当時ペテロは、高ぶった思いを持っていたと思われるが、彼と仲間たちは驚くべき奇跡を見た!そして“あの日”から3年が過ぎた今、主は再び彼らを同じ場所に呼ばれ、同じ御業を体験させられた。主の深い愛と赦しが、言葉には出さずとも弟子たちの心に届く。

【適用】あなたがどれだけ大きな罪や失敗を犯しても、主はあなたを赦し、受け入れて下さる。主はあなたの弱さも過ちも全てご存知の上で、なおあなたを信じ、期待し、招いて下さる。

V.大漁の奇跡

キリストが「網をおろしなさい」と言われた時、弟子たちは長時間働いた後だった。彼らは「今更、何を言われるのですか」「明るい時間に取れませんよ」等と返答できたが、ただ主の言葉に従い、「網をおろした」(6。すると、考えられない奇跡を目撃することになった!

【証】森永太一郎(森永製菓の創業者)は菓子作りを学ぶために渡米。現地でキリストを知り、救われる。帰国後、東京で自作の菓子を売り、事業に成功。しかしその後、富や名声を求め、30年以上教会にも行かず、信仰から離れる。ところが晩年に、妻を亡くし、大きなショックを受け、喪失感に襲われる。ここで彼は、主の招きに応じ、心から悔い改め、信仰に立ち返る。回心した後、あらゆる人々に福音を伝える伝道者となった。現在の森永製菓の土台を築いた。

【適用】神の言葉を素直に聞き、実行する人は祝福を見る。これはいつの時代にも真理である。

posted by kbcc at 13:47| 礼拝