2018年05月15日

2018年5月13日礼拝メッセージ「恐れなくてよい」ルカ12章4-7節 音声で聴く。


ルカ12:4−7        「恐れなくてよい」         18.5.13

【序】猫はネズミを恐れない。恐れるのはネズミと相場が決まっている。しかし猫がネズミを見る度に電気ショックをかけると、ネズミを見た途端に怯える猫が出来上がる。実力から言えば断然猫の方が強いが、恐れが実力を発揮させないのである。私達も様々な恐れに囲まれる時があり、恐れのために問題に取り組む力を失わせる。恐れから解放されたいものだ。しかしキリストはそんな私たちに励ましを下さる。「恐れる事はない」と題してメッセージしたい。

キリストが「恐れなくてよい」と言われる理由を三つ今日の聖書からあげたい:

T.あなたが恐れているものがあなたの運命を決定づけるのではないから

私達は仕事上の行きづまりや、病気や、経済的危機や、家庭の問題を恐れ、それが自分の運命を決定づけると思いがちであるが、そうではない。

「体を殺しても後はそれ以上何もできない人間たちを恐れるな…殺した後でゲヘナに投げ込む権威のある方を恐れなさい」(45

・私達の運命を決定づけるのは、私達が恐れている問題や人ではなく、私達の創造者である神なのだ!故に神を畏れ敬う事こそ、様々な恐れから解放をもたらすのだ。

【証】神学校の講師マックスウエル博士の証少年期、悪さをしようとしても母から「神様が見ている」と言われてきたために神が怖く疎ましくさえあった。しかし長じて神が知っておられる、という真理は慰めになった、何故なら人に誤解され、どう説明してもうまく行かない時、神が知っていて下さるのだ、は慰めだった、


U.小さな事でさえ主の顧みがあるから

「五羽の雀は二アサリオンで売っているでしょう。そんな雀の一羽でも神の御前には忘れられてはいません」(6)(雀一羽―百円)つまりキリストは、そんな小さく価値のない雀さえ神の御前に忘れられない→ましてや私たちの小さな小さな事柄にも心に留めてくださる。

【証】10年ほど前、妻に頼まれ銀行に5万円入金する必要があった。なぜか新券5枚を通帳に挟んで17階のマンションから階段で下り車で教会に寄ったら来客があり、1時間程して銀行に行き入金しようとしたら通帳のお金がない!頭は真っ白。教会に戻り必死に探したが無い!マンションまで戻り階段を逆に上がって行ったが無い!ダメだ!と諦めかけたとき、我が家と隣の家の通路にピタッとお金がへばりついていた!新券だからこその事!

正に私のミスもカバーし新券という事も御手の中にあり、守ってくださった!


V.あなたはキリストの「友」であるから

「わたしの友であるあなたがたに言います」(4)

キリストが「友」と言われる時いかなる意味か?キリストにとって「友」とは、「友のためにいのちを捨てる」(ヨハネ15:13存在なのだ。あなたのためにはわたしの命は惜しくはありません、と事実、キリストはあなたのために十字架で命を文字通り捨ててくださった。それ程の愛の対象だ。だからそれほどの愛であなたを今も見守っていてい下さるのだ。時に自分の思うような守られ方ではないかもしれないが、あなたの全人生を知った上での最善の守りなのだ。神を信頼して恐れから解放されよう!

posted by kbcc at 21:14| 礼拝