2018年06月19日

2018年6月17日礼拝メッセージ「あなたの若い日に」伝道者の書12章1節 音声で聴く。

伝道者の書12:1              「あなたの若い日に」                   18/6.17


【序】今日は父の日。父とは、母よりも忘れられやすい存在かもしれない…。私たちは互いに忘れたり、忘れられたりすることもあるが、忘れてほしくない、否、忘れてはならない方のことについて話したい。


T. 「創造者を覚えよ」とは?


「創造者を覚えよ」とは、「神を神としなさい。あなたを造られた方を認め、恐れなさい」の意。こういう話をすると「神がいるなら証明してみよ」という人がいる。しかし、目には見えなくても信じることはできる。

【例】無神論の学生とクリスチャンの学者の会話。重力は五感で感じられなくても、確かに存在する。神も同様。

【証】赤ちゃんは教えなくても、胎内から外へ出る方法を知っている。→人間を超える方の存在を示唆している。

【適用】私たちが認めても認めなくても、神の存在は否定できない事実だ。あなたの創造者を認め、恐れよう。


U.神を信じる必要はあるのか?


Q1「神を信じるのは窮屈だ。信じない方が自由で楽しいのではないか?」→これは本当だろうか?

【例】ソロモン王を見よ。地位、富、名誉を全て手に入れた彼がたどり着いた結論は?「空の空」(8)

【例】私(後藤)の姉。都会に出て、自由を謳歌したが、姉が出した結論も同様だ。「全てが空しい。」

→ソロモンが伝道者の書を残したのは、後世の私たちに彼の過ちを繰り返させないためだと知ろう。


Q2「神を信じるなら死ぬ前でいいのでは?」→そう言う方は、自分が死ぬ日を知っているのだろうか?【例】私の妹は10歳の時、事故で召天した。予期した人はいない。→若くても長生きする保証はない。

【例】日本人は保険好きで知られる。90%が加入している。→死の備えの方がもっと大事ではないか?

ソロモンは言う。「災いの日が来ないうちに(神を信じなさい)。」聖書は、死後に裁きがあると明言する。神を信じなくても生きることはできよう。しかし、裁きがあることを忘れてはならない。(11:9,12:14参照)


V.神を信じる祝福


神を信じて与えられる恵みは計り知れず、数えることもできない。ここでは、2つだけ挙げておきたい。

@      心が満たされる:神を信じるなら、生きる意味は明確になる。神によって、空しい心は満たされる。

【証】英国の数学者J.グッドソン。無神論の家庭に育つも、真の神を信じて、生きる目的を与えられた。

Tヨハ4:10「神が私たちを愛し、私たちの罪のために、…御子を遣わされました。ここに愛がある…。」

【適用】神の愛が本気で分かった時、意識は変わる。生きる目的は明確になり、空しさから解放される。

A      永遠への備えができる:死と裁きを考えると、恐ろしい。しかし、神を信じる者は恐れることがない。

ヨハネ5:24「…(神)を信じる者は、永遠の命を持ち、裁きに会うことがなく、死から命に移っている…。」

【適用】今日ほど若い日はない。あなたの若い日に、あなたの創造者を信じ、受け入れて頂きたい。

posted by kbcc at 13:45| 礼拝