2018年06月26日

2018年6月24日礼拝メッセージ「失望に終わらない希望」ローマ5章3-5節 音声で聴く。

ローマ5:3−5         「失望に終わらない希望」        18/6.24

【序】多くの方々の人生と関わっての実感は、どんなに試練が大きくても、心に希望があるなら乗り越えていける。しかしどんなに健康やお金があっても心に希望がないと挫折してしまう。希望があるかないかは大きな差である。唯この世の希望は三日もすれば失望に変わり易いのに、聖書には「失望には終わらない希望」がある!その希望をどうすれば体験できるか語りたい。

T.神を信じる事

今週の御言葉(Tペテロ1:21)「希望は神にかかっている」とあるように、失望に終わらない希望は、変わりやすい情報にではなく変わる事のない神に土台がある。神という時、それは人間が作った神ではない。人間を造られた神である。「が」と「を」の一字違いだが天と地の差がある。聖書の神はあなたの創造者である生きた神である。この神を信じる事は失望からの福音だ。

【証】作家の曾野綾子さんはその著作『人は最期の日でさえやり直せる』の中で:

「おもしろい事に信仰を持つようになると、失敗した人生というものはなくなるのである。それは何をしても失敗しないという事ではない。ある人間の生き方が、常に神の存在と結ばれていれば、かりに些かの、或いはかなり大きい挫折はあっても、どのような人生にも意味を見いだす事ができる。…これはいかなる政治家、心理学者、劇作家にもなしえない逆転劇であり、解放である」→神を信じる人生はこのような恵みをもたらす。

U.艱難が希望の出発点であるのを知る事

「患難」とは失う試練の事。(健康、所有、愛する者、仕事…)この「喪失」は辛いことであるが、聖書によればこの喪失は「失望に終わらない希望」に導く出発点である(3)。

 【証】米国で最も尊敬されている大統領リンカーンの人生は心が折れそうなくらいの悲劇の連続…8歳で母を失い。16歳の時父がインディアンに殺され、青年時代婚約者は溺死、うつ病になる。事業は倒産、選挙に出たが5回もの落選。そんな中で唯一生きて来れたのは母親から教えられていた聖書が大きな希望、慰めだった。そしてついに奇跡的に大統領になる。

※あなたに患難が起こるのはあなたが悪い人間だからとか運が悪いという理由ではない。今ま

で自分の知恵と力で何とか生きてきたが、それだけでは今回の地震のように通用しない世界

があり、新たな力で生きていく事に導く神による新しい生き方への招きなのだ。


V.神の愛を知る事

5節に神の愛が注がれているとあるが、人は愛されて生きる。でも現実はそうではない。

「シルバー川柳「徘徊と噂されて散歩辞め」「ペットロス主人の時より号泣し」「遺言書全ては妻にと妻の文字」「温かく迎えてくれるは便座のみ」川柳なら笑っておれるが現実は深刻。しかし神が私たちを愛しているとはいかなる意味か?聖書の言う愛はアガペという言葉で、日本語の日常的に訳し代えると→「大切にする」が最も相応しい定義だろう。「あの人に愛されている」というのは「あの人に大切にされている」であり、「神はあなたを愛している」は「神はあなたを大切にされている」という事だ。この「大切にされる」という愛は実に大事で、私達はよく「元気が出る、出ない」と表現するが、あなたがたその環境で大切にされている時、あなたに元気が出てくるのであり、あなたがその環境で大切にされていない時、元気が出てこなくなるのである。故に「大切にして下さる」存在を発見するというのは極めて幸せな事だ。その愛を発見した

【証】賀川豊彦は旧姓中学生の時、母から「お前は父さんが外で女に生ませた妾の子だよ」と衝撃の言葉を聞き、自分は望まれぬ子だという絶望に陥る。海岸で自殺を思う日々の中、呉服屋に勤める見知らぬ青年から教会に行く事を勧められる。教会で生まれて初めて神が私の創造者、更にキリストが身代わりに十字架にかかり救いを成し遂げられた愛を知り、彼のトラウマが癒され救われる。生きる希望が湧き神戸新開地での伝道が展開されていく

posted by kbcc at 19:43| 礼拝