2018年07月03日

2018年7月1日礼拝メッセージ「迷いが出た時の処方箋」ルカ13章6-9節 音声で聴く。


ルカ13:6−9       「迷いが出た時の処方箋」         18/7.1

【序】職場、学校、家庭で今している事やしようとしている事に確信が持てなくて、迷いが出るという時がある?そういう迷いが出たときの聖書による処方箋。


T.合う、合わないではなく置かれている所が神の御心と信じなさい

普通、葡萄園には葡萄が植えられている筈だが、ここでは「葡萄園」に「無花果の木が」植えられている()。これはイスラエルでも相応しいわけではない。何かの不都合で、又はやむにやまれずこういう形がとられた様だ。しかし覚えたい事は、その無花果を置いたのは「主人」。同じ様に主人である神があなたをそこに置かれた。【適用】故に合う、合わないではなく、置かれたところが神の御心と信じなさい。確かに仕事、家庭、環境、など、そう大して使命感を持って選んだのではないのではないかもしれないし、「成り行き上こうなった、やむにやまれずそうなった、それしかないのでこうなった…等々」。今も果たしてこの職場や環境が合っているのかどうかわからない…しかし会う、会わないで判断せず、今は導かれている所を神の御心と信じなさい。


U.結論を早まるな

でも、今の自分に不安を持つ時がある。それは→「実が結ばない」(6,7)

無花果は植えて3年で実がつく木。ここで「3年もの間…」とあるのは、実がつく筈の3年目から数えて3年間辛抱したが実がつかなかった。つまり6年間実無し!

この様に実りがないと、自分がここに置かれている事自体に不安を持ち易い。そして結論を出しやすい。どのような結論?→「切り倒せ」(7b)

しかし、ここに別の考えを持つ人がいた!→番人(8)

この「番人」(文語訳「園丁」(庭師)つまり、無花果の事を一番よく知っている庭師。「もう一年チャンスを!」(8)=もう一年やってみましょう、との提案

この「庭師」=キリストご自身 この「庭師」には木を切り倒すことなどはなから頭にないのだ!(「もう一年」とは結論を先延ばしにした表現)


V.他に方法がないか工夫してやってみなさい

番人は言う→「木の周りを掘って肥しをやってみますから」(8)実は結ばないと諦めているが、他の方法があるかもしれない。「実を結ぶ工夫」をして取り組んでみる事が大切である。伝道者の書11:6「朝のうちにあなたの種を蒔け。夕方も手を放してはいけない。あなたはあれかこれかどこで成功するのか知らないからだ。二つとも同じ様に上手く行くかもわからない」

あなたの不確かな可能性を信じるのではなく、あなたに関して実りある生涯を保証してくださるキリストの可能性を信じなさい。

【適用】ペテロ徹夜の漁で一匹の魚もなし。「もう一度網を打ってみなさい」→大漁!

posted by kbcc at 20:48| 礼拝