2018年08月06日

2017年8月5日礼拝メッセージ  「我に返った人」中西正夫牧師 ルカ15:11−24音声で聴く。

【序】人を二つのタイプに分ける事がある。よくしゃべる人と寡黙な人。派手な人とおとなしい人…今日の話はキリストが話された最も有名な譬え話で、全く性格が違う兄弟が出てくる。兄はまじめだが弟は放蕩息子と言われるくらい遊び人。ところがその弟息子の中に誰にも有る人間の共通の問題が見えてくるその問題と救いを伝えたい。

T.放蕩息子に見る人間の問題

「父」無しで生きようとする生き方

「お父さん、私に財産の分け前をください」(11)父から独立しようという訳だ。独立と言えば聞こえがいいが、要するに父から離れ父無しで生きようとする。この話は単に親子の話ではなく、父なる神と人間との話なのだ。つまり息子が父を否定し父から離れて生きる姿は、造り主である神を神として敬わない人間の罪の姿なのだ。

【適用】神の恵みあればこその命であり日々の命の筈なのに、まるで自分で命を作り生きているように思うのは錯覚なのだ

自分を制御できない弱さ

 幾日も経たないうちに弟は遠い国に旅立った「さあ自由だ、何でも好きな事ができるしかし彼は放蕩して湯水のように財産を使い果たし転落人生が始まる→「放蕩して湯水のように財産を使ってしまった」(13)(快楽に溺れ遊女に溺れたのだ(30)

彼はお金を使いこなせないだけではなく自分自身を使いこなせなかったのだ!

人間の根本問題は政治や経済にあるのではない。根本問題は無力にある。分かっていながらどうにもできない無力にある。【証】星野富弘氏のトラクト「本当の私は強くもなく立派でもなく、たとえ立派なことを思っても次の日にはもういい加減なことを考えるだらしない私だったのです」

U.放蕩息子の救い

そんな彼がどうして立ち直れたのか?

1.我に返ったこと(17)

父に反逆し放蕩に身を持ち崩した後、自分の生の終わりを覗き見た彼はハっと「本心に立ち帰った」我に帰るとは=自分の惨めさに気づく事。

【適用】人は他人からどんなに説教されても認めないし動かない。周りにもそういう人がいるかもしれない。大切なことは説教する事ではなく、「我に帰るよう」祈る事だ!

2.罪を認識したこと(18)

彼は自分の行為を「罪」と表現している原語で「罪」とは「的外れ」の意味があるが、弟息子は個々の罪以上に父から離れて生きている事を的外れと認識した

3.父のところに帰る決心をしたこと(20)

 彼は父のところに変える決心をしただけではなく実際に行動した

V.放蕩息子を迎え入れる父

「父親はかわいそうに思って走り寄って彼を抱き口づけした」(20)。ふつうユダヤの老人は走らない。しかし老いた父が走る!息子を迎えに走るのだ。これが神の愛!

【結び】あなたはこの放蕩息子のに身を持ち崩すことはなかっただろうが、根本の生き方において神無しでやって行けると錯覚してないか又無力において同じではないか?そう気づいた時あなたを咎めだてもしないで迎え入れる神の愛を知るだろう。父なる神に帰ろう!また家族のために祈ろう!

posted by kbcc at 09:30| 礼拝