2019年01月09日

2019年1月6日礼拝メッセージ 「悪に対処する」ルカ22章1-13節音声で聴く。

ルカ22:1−13        「悪に対処する」           19/1.6【序】諺に「男は外に出ると七人の敵がある」と言うが、現代では女性も社会進出するので全ての人が悪意に悩まされたり、時に酷い仕打ちに直面することも現実である。そんな時、どう対処したらいいのか心弱ってしまうことがある。キリストに学びたい。


T.人間の悪

 1.祭司長、律法学者の悪ーキリスト殺害計画(2)

  殺害計画の理由は自分の立場、人気がなくなる事を恐れる故。

 人間は悪を憎む場合もあるが、正しい者を妬み憎む面もある。

【例】掃除をさぼろうとする仲間に「僕は掃除する」という男は疎ましい…アベルを殺したカインも妬みから!

※指導者たちの悪もどこかでストップするどころか「方法を探していた」(2)とあるくらいに、人間には悪を突っ走る弱さがある。

  2.ユダの悪ーキリストへの裏切り(3,4)

    ユダは弟子団の会計をしていたが、お金を盗んでいた(ヨハネ12:6)最初は小さな使い込み→小さいことから大それた事!(そこに「サタンが入った」3節!)

 ※大それた悪もいきなり大きな悪が始まるのではない。小さい事から始まるのだ。


U.人の悪に対するキリストの態度から学ぶこと

1.相手の態度に悪乗りしない

 キリストは祭司長達やユダに言い返したり責めたりされなかった。根本的に悪を働くのはキリストの側に原因があるからではなく、彼らの中に妬みや問題の根がある→「悪をなす者に対して腹を立てるな。不正を行う者に対してねたみを起こすな。彼らは草のように忽ちしおれ青草の様に枯れるのだ0(詩篇37:1)

→放っとけ、放っとけ!神の手に委ねよ!ということだ。

2.なすべき日常の勤めを続けなさい

  キリストはユダの裏切りも律法学者の殺害計画も知っておられた。しかし知った上で、ユダヤの慣習にしたがって「過ぎ越しの祭」を行われた。(8)

   【適用】あなたも良き業を始めたが、思わぬ妨害で前に行けない、逃げ出したい? しかし、ひるまずその日に成すべき事を行うよう励む事だ→「善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て刈り取る事になります」(ガラテヤ6:9

3.悪もまた神の御業の道具でしかない

  キリストの使命は十字架に掛かり人類の罪の身代わりの裁きを受け人間に救いの

道を開くという事だ。祭司長達の悪巧みもユダの裏切りも、その使命を果たすた

めに用いられる道具でしかない。その視点に立てば、悪もまた私たちに人間とし

ての成長をもたらす道具でしかないのだという事だ。その視点が大事である。

   【証】堀越師の四日市での開拓伝道における幼稚園事業に神社による反対活動が起こったが、御言葉「雀一羽

さえ主の許しなく落ちない…」この視点に立った時、反対署名活動も忍耐を学ぶレッスンだと大胆に受け

止めて進める事ができた、すると不思議に幼稚園を建設でき、キリスト教幼児教育を可能にした。

posted by kbcc at 21:16| 礼拝