2019年06月18日

2019年6月16日礼拝メッセージ 「もう一人の父」マタイ7章7-11節音声で聴く。

マタイ7:711                「もう一人の父」                19/6.16

【序】父の日はアメリカの婦人から始まり、世界中へ広がった。父に感謝する日だ。ところで、私たちには2人の“父”がいる。一人は肉親の父。もう一人は天の父だ。主は、後者の父を明らかにされた。どんな方だろうか。

T.キリストは神を“父”と呼ばれた

7節は有名だが、神=願い事を叶える存在では、神社と大差ない。一方、キリストは、神を“父”と明確に定義された(11)。聖書の神は、願い事を叶えるだけの遠い存在ではない。私たちに関心を持ち、関係を求めている。ヨハネ1:12参照。天の父は、全ての人をご自分の子にしようと招いている。私たちがキリストを信じるなら、神の子どもとなる特権を与えられ、神は父となられ、神の家族として、あらゆる祝福を頂けるようになる。

U.天の父はどのようなお方か

父”に良い印象を持たない方もいる。しかし、肉親の父とは全く異なり、天の父は以下のような方である。

@あなたの存在そのものを喜ばれる方

子どもは親を喜ばせるために、何かする必要はない。そこにいるだけで、親は満足できる。愛しているからだ。天の父もあなたをそのように見ている。あなたは神の子ども。我が子を喜ぶのに理由は要らない。あなたは正にその対象なのだ。

A良いものを惜しまない方

キリストは神と私たちを親子関係に例えられた(9-11)。罪深い、不完全な父親でも、お腹を空かせた我が子には親切だ。石や蛇を与える親はいない。まして、聖なる、完全な天の父は、あなたがたにどんなに良くして下さるだろうと言われた。【適用】しかし、求めても与えられない場合、どう理解すればいいのか。それは「与えない」というのが、父の答えなのだ。伝7:14「順境の日には喜び、逆境の日には反省せよ」とある。与えられないならば、父にはよほどの考えがあるのだ。∴待ち、信頼せよ。父は父が考える最善を下さる。

B罪を犯しても変わらず愛して下さる方

聖書の中で“放蕩息子”の物語ほど、神のご性質を明らかにした話はない。息子が立ち返った時、父は何をしただろう?プレゼント(服、指輪、靴)を与えた。これらの3つは、どれもサイズがぴったりだった。→我が子を知り尽くしていたからだ。【適用】「罪を憎んで人を憎まず。」これが天の父だ。罪ゆえに関係が冷え込んでも、あなたが子であることに変わりない。

V.父は求める者に報いて下さる

7節の動詞はそれぞれ「○○し続けなさい」という命令法である。良い意味で、しつこく、あつかましく求める必要がある。また、祈るだけでなく、行動を起こすことも大切だ。捜し求め、自分にできる可能性を試す。そこに答えが与えられる。

証】私と妻は、市から発行される妊婦受診の割引券を紛失した。祈り、捜し回ったが、全然見つからず、大変失望した。しかし天の父は、別の方法で私たちの祈りに答えて下さった。

【証】疑い深い手品師J・モンロー「神よ。あなたが本当にいるのだとしたら、到底無視できないほどの確かな証拠をもって私に示して下さい」と祈った。その後、珍しい病気にかかり、骨髄移植が必要になったが、奇跡的に生還を果たすことができた。今、彼は自らの経験を人々に語り、ドナーバンクの啓蒙活動も行っている。

posted by kbcc at 21:06 | TrackBack(0) | 礼拝