2019年07月22日

2019年7月21日礼拝メッセージ 「どうして私をご存じなのですか」ヨハネ1章43-51節音声で聴く。

ヨハネ1:43−51   「どうして私をご存じなのですか」   19/7.21

【序】私がクリスチャンになるまでは神とは物言わぬ偶像だった…。聖書を読むようになり真の神は天地万物を造り全知全能の生きた神であり、しかも愛をもって人の過去をも作り変えて未来を祝福される神であることを知った。今日出てくるナタナエルという人物はキリストとそういう出会いをする。キリストとの出会いを通して見いだす真理についてお語りしたい。


T.キリストはいかなる人をも価値づけ役に立つ者にされる

 ナタナエルは他福音書ではバルトロマイ。このバルトロマイの意味は「バル」=息子。即ちバルトロマイとは「トロマイの息子」との意味。こんな変な名前の付け方はない→」親は何らかの理由で息子独自の名前を付けなかった(価値がない?)そんなバルトロマイがキリストに出会い12弟子の一人として召される。ここに励ましがある。人には無視されるような人物であっても、神には尊い存在であり、かつ神のお役に立つ存在になりうるということである。ちなみにナタナエルとは神の賜物との意味(伝承では、キリストが新たに名を与えられた)

 【適用】お笑い系の芸能人が反社会的勢力の営業を受け嘘をつき謝罪もしないとマスコミに叩かれ職場から解雇された。でも事実は違ったようだ…。会社から謝罪をしたらクビだと恫喝されていた。会社保身のために個人を潰しにかかっていた。何とキリストと違うことだろう。


U.キリストは人に会う前からその人の過去も未来も知っておられる

「どうして私をご存じなのですか」(48)

 不思議なことだが、人が初めて教会に来るまでに神はその人のことを知って

いるということ。【証】私の場合も教会に来るまで神に知られているとは想像さ

えしなかった。しかし教会に来て「あなた方がわたしを選んだのではない。わた

しがあなた方を選んだ」(ヨハネ15:16)を読み驚いた。すると交通事故や父の事

業の倒産のことも知って救いを与えるために教会に導かれたのだと悟った。

すると私の過去の人生の虚しさや出来事の意味が変わるという人生の変革を経

験した。→キリストはあなたのすべてを知っていて導いておられるのだ。


V.キリストは隠れた善を覚えてくださっている

「ピリポがあなたを呼ぶ前にあなたがイチジクの木の下にいるのを見た」(48)

イチジクの木の下は敬虔なユダヤ人が仕事の手を休めて日陰ができる大きな葉っぱの下に身を隠して、神に祈る場所であった。ナタナエルは日中人に隠れてひそかに真実に祈る人物であり、主イエスはその祈りの姿を知っておられた。こんな麗しい姿を知られるのは幸い!

【適用】私たちはどこで花を咲かせ、実を付けているだろうか?

外ばかりが目立つが内実の乏しい私たちではないだろうか…。ナタナエルは外ではなく内に実を結ぶ。イチジクは無花果と書くが、無いのではなく外ではなく内(実を割って見られる赤い点々が花)に花を咲かせている。そうありたい!

posted by kbcc at 19:44 | TrackBack(0) | 礼拝