2020年01月27日

2020年01月26日礼拝メッセージ「キリストの愛」 音声で聴く。


ローマ5:8,9          「キリストの愛」          20.1.26
【序】今日は伝道礼拝なので、果たして聖書は信じられるのかと疑問を持つ方もおられるので、主題に入る前に、地球学者が驚く聖書の言葉を語っておきたい。ヨブ28:5「地そのものは、そこから食物を出すが、その下は火のように沸き返っている」地球の中は鉄やニッケルがドロドロに溶けている3千度のマグマと呼ばれる火の塊だが、それを発見したのは1936年インゲ・レーマン。現代やっとわかった真理が何と3500年前に書かれたヨブ記にある。その意味するところは、聖書は地球の作者である方の言葉ですよ。作者なら作品に関するコメントも正しくできる。だから信じてよい書です、と語っている。しかしその前提の中で聖書が一番伝えたいのが今日語る「キリストの愛」である。

T.私たちは罪びとである(8a)
「罪」=盗みや殺人という法律上の罪ではない。「罪」=的外れ。即ち神に造られた人間が創造者である神という的を外して生きている状態の事。
【例】@柏木哲夫医師…「人生は方向性で決まる」…「食欲は戻ったがよく眠れない」と「よく眠れてないが食欲は戻って感謝だ」。どちらが早く治るか?→後者!どちらの方向を見るかで免疫力も幸福度も違う。A家庭で…夫がもし家庭を顧みず家族は放ったらかし、妻や子供の誕生日も忘れ、何を言っても顧みないと、やがて家族から失望され→諦められ→口を聞いてもらえない。なぜ?壁ができたから。→同じ様に神にそっぽを向き背を向き続けると神と人との間に壁ができる。それが神に対する人間の根源的罪である。

U.キリストの愛―私達罪人のために死んでくださる愛(8b)
キリストの尊さはどこにあるか?死んで下さった事自体にあるのではない。それなら自分の命を犠牲にした人は世界にいる(自爆テロリストも)。キリストの死の尊さは、感謝される保証もなく、否、拒絶される可能性もある中で、それでも人間の救いにはこの道しかないとして私たちの罪の身代わりになって止むに止まれず罪人の私達を愛して十字架にかかり救いの道を開いて下さったことにある。止むにやまれず愛で動くのは感動する。
【証】吉岡たすく(教育者)…小学3年生のおとなしい目立たない生徒(成績もオール3このコーちゃんという子が休み時間隣の教室で騒がしいので行ってみるとコーちゃんが隣の組の男子児童にシャツを破られても睨みつけて立ち向かっている。吉岡先生は何とか引き離してクラスに戻ってくると、皆が「コーちゃん悪くない、悪いのは隣の子だ」それはクラスに髪を長く垂らして顔を隠していた女子がいたが隣のクラスの子に髪を上げられそこに痣があるのをからかわれた。そこでコーちゃんはその子に憤りに満たされ止むに止まれぬ思いで向かっていったのである。
このコーちゃんは人間の醜いいじめに対する憤りで止むにやまれぬ思いで動いたのだが、キリストは感謝される保証もない中で、それでもそれしかない私たちの罪からの救いのめに止むにやまれぬ思いで十字架にかかってくださったのである。ここに愛がある。

V.義と認められた私たちは神の怒りから救われる(9)
日本では悪いことが起こったり、悪い病気になったりするとすぐに何か罰が当たったのでは、という人々がいる。しかし「怒りから救われるのは」決定的!罪の記録や記憶からも救われている。
【証】友人が高校生時の証…長期欠席の友人を訪ねて家に行ったら豪邸で池があり錦鯉がいた。おばあ様が大切にしていた錦鯉だが友人が「腹減ったやろ。鯉でも食べるか」、鯉を生け捕りにして包丁いれようとする。それで「それはあかんやろ」と静止して鯉を池に戻したが死んでしまった。おばあ様に平謝りしたら、肩を落とされたが赦してくれた。ホッとして後に友人の家に行ったら「鯉の友人が来てくれはったよ」その言葉は辛かった。赦されているが常に記憶にとどまっていた。キリストによる赦しは記録からも記憶からも完全帳消しなのである!→イザヤ43:25

posted by kbcc at 22:21 | TrackBack(0) | 礼拝

2020年01月21日

2020年01月19日礼拝メッセージ「死んで生きる」 音声で聴く。


ヨハネ12:24         「死んで生きる」        20.1.19
【序】私はクリスチャンになるまで死んだら終わりと考えていた。しかしクリスチャンになって死んでも生きる人生を与えられた。それを可能にしてくださった方はキリストである。今日の御言葉はそれを示すと共に私たちの人生に豊かな実りを与える秘訣も教えている。この1節に示された三重の意味を伝えたい。
T.キリストの死は私達に救いという実をもたらした
主はご自分の命より私達の命をより大事と考えての死である。これは凄い事! 【証】1999年埼玉県入間川河川敷で自衛隊の戦闘訓練機が墜落事故、優秀な二人の飛行士が死亡した。隊員たちだけでなく近隣住民もその死を惜しみ涙した…それは訓練飛行を終え基地に戻る際、エンジンが止まるトラブル発生。優秀な飛行士がどうやっても回復不能。眼下には四方八方住宅密集地。戦闘機には、旅客機と違い脱出装置がありボタンを押せば、椅子ごと空中にジャンプしパラシュートで助かる事ができる。しかし眼下には住宅が延々と密集している。自分たちが助かる道を選べば、操縦士のいない戦闘機は住宅地に墜落し住民に甚大な被害を招く。二人の操縦士はエンジン停止のまま低空飛行で高度の技術を駆使し住宅地を飛びきって入間川河川敷まで飛行、その地点では地上百メートルの機体ではもう脱出は不可能。二人は機体もろとも地上に撃墜して死んだ。自らの死をもって住民の被害から守ったのである!
キリストはあなたが死後の裁きから救う為に自ら身代わりの裁きを受けて永遠の命を与えて下さる愛!
U.豊かな実を結ぶ秘訣は自我に死ぬことである
アメリカ人は「嘘つき」と言われることが一番堪えるらしいが、日本人はどうだろう?メンツをつぶされるのが一番堪えるという人が多いのではないか。
【例】京大卒のエリート社員が職場で課長に面前で「君は京大卒というがこんなことも知らないのか、勉強
不足だ!」彼は人前で恥をかかせられてという事で翌日から出社拒否「許せない」一か月休んだという。もし彼が「課長、京大卒でもこの有様ですわ、また教えてください」と言えれば違った展開も生まれただろうに。
【適用】最初聖書は有名な言葉の発見で嬉しくなるが、その気になって読むと
ある意味落ち込む。辛くなる「兄弟に向かって馬鹿者というものは地獄で裁き
に会う」「嬉しい!」はない。「情欲を抱いて女を見る者はすでに姦淫したので
ある「良かった」はない。なぜ辛い?私が罪人だから。紙に手で直線を引けばま
っすぐに見えても定規に合わせると歪んでる様に、自分では「まあ行けてる」
と思っても聖書の基準に照らすとダメ。その時自我が砕かれる大切な時。言い
訳したり隠したりしない事!聖書を通して自分の真実な姿を知って、そこから
キリストによる救いを知り、豊かな実りある人生に導く祝福を得る。
【証】米国の大学での話…70才に近いある教授がまだ駆け出しのころ、一人の老牧師が招かれて講堂で多くの学生の前で話をし、学生の心が捉えられる感動的な話だった。妬みに駆られたその教授は「先生の話は感動的でしたが少し間違いもありましたね」とあら捜しの物笑いにしてしまった。その夜、自分の小ささ卑しい心に良心の咎めを感じ、心からお詫びの手紙を老牧師に送った。すると短い返事があった。“Dear Charles, Forgiven, Forgotten, Forever Your loving friend James”
V.実を結ぶのは生きている間だけではない―死後にも! 
【証】進化論者ダーウインは晩年キリストへの信仰を持った。その回心に宣教師の殉教があったが、彼の救いが起こったのは宣教師の死後だった。(次頁参照)

ダーウインの回心
ダーウインは1831年22才の時、ビーグル号で5年間航海に出た。南米で原住民
を初めて見、猿から人間への中間種と報告している。一方アラン・ガードナーと
いう宣教師が6人の同労者と同じ所で伝道を開始、幾多の困難から食料が尽き、
死んでしまう。次の宣教師も残酷な死を遂げた。ダーウインは1859年に『種の
起源』発表。しかしダーウインが南米の原住民を猿から人間の中間種とみなして
20年後再び同地に訪れてみた光景は、困難な伝道と殉教の後に神を礼拝し新しい
生活を始めている原住民の姿だった。ダーウイン自身が言う「世界のどんな大き
な奇跡よりも、伝道によって起こったこの地域の奇跡ははるかに偉大である」と
語っている。この結果彼は毎年伝道の働きのために献金さえしている。ダーウイ
ンが死の床についている時、知り合いの婦人作家が彼を尋ねたところ、彼は聖書
を手にして熱心に読んでいた。婦人作家は創世記を熱心に読むダーウインに驚い
て尋ねた「あなたは進化論者でしょう?」ダーウインは答えた「あれは若い者が
考えるような未熟な論理ですよ」。そして聖書に関する教えと救いを知っている
なら教えてくれるように頼み、長い間否定してきた聖書を通して彼はキリストを
救い主として受け入れたのである。
彼の救いには宣教師の南米における決死の伝道無くしては語りえないだろう。そ
の宣教師もあの進化論者のダーウインがクリスチャンになるなどとは夢にも思
わなかっただろう。しかし現実にそれが起こった。
私達も地上で願っている家族の救いや神の御業が起こっていないのを見、焦り不
安に思うかもしれないが、安んじておこう。神はあなたの祈りを確かに覚えて御
業をなさるのだから。
posted by kbcc at 12:30 | TrackBack(0) | 礼拝

2020年01月17日

2020年01月12日礼拝メッセージ「心騒がすことはない」 音声で聴く。


ヨハネ14:1−3     「心騒がすことはない」        12/11.1
【序】今日の主題は「…」だが、誰も好きこのんで心騒がせたくはない。できれば心穏やかに過ごしたい。しかし現実は、色々な問題のために心騒がせずにはおれないのだ。将来の不安、健康の不安、又、愛する者や、打ち込んできた仕事を失ったりする悲しみ、又憤りで心騒ぐ場合もある。様々なことで心騒がせる私達にキリストが語られるメッセージを聞こう。

T.心騒がす時、何をすることが大切か?
キリストは「神を信じまた私を信じなさい」(14:1)と教えられた→しかし神への信仰と聞くと日本人はどこか拒否感がある。何故か?神なんか頼らなくて自分の力で生きる事が素晴らしく、神に頼るのは弱い人間のする事だという考え方があるからだ。しかしそれは無知に等しい。
【例証】エベレスト8848m80才で登頂世界記録三浦雄一郎(5300mでは酸素地球表面の1/2.8000mでは1/3。∴7500mでは酸素ボンベ277200ℓ装着義務。この酸素ボンベ65日分使えるが1千万円。どれくらいの人買える?地球表面生活では無料。植物の光合成の故∴自分の力で生きている?→生かして頂いている!
故に自分を誇らず神を信じることを真実に考えて戴きたい。

U.なぜ心騒ぎやすい私たちに神を信じなさい、と言われるか?
神は人間の作者である故に神の作品である人間を作り変える事ができるから。
【証】宮崎県で教誨師をしている宣教師話…元麻薬中毒患者だった彼は受刑者に自分の過去のスライドを見せる。その姿は人間の顔をかぶった生ける屍。ガリガリに痩せ、衰弱と無気力の姿。「人間止めますか薬止めますか」「これはかつての私です。でも神の恵みによって今の私になりました。神が人間の作者ですから人間は作者によって変わることができる。故に「神を信じなさい」なのだ!

V.どのようにして神は心騒ぐ私たちを作り変えることができるか?
それは間違いのない神の言葉によって新しい希望に導かれるからだ。
@死後に希望のなかった弟子たちにキリストは「父の家にはあなた方の為の住まいがある…」(2)と、死に打ち勝つ天国の希望の福音を語られた。
A地上の人生においても絶望の人生を希望の人生へと導かれる。
証】大正時代のベストセラーは何かご存じか?→賀川豊彦の「死線を超えて」である(今日生協の生みの親)。彼の少年期に母の言葉「あんたは私が産んだ子ではない、父さんが妾に産ませた芸者の子、私生児なんだよ」その言葉は、思春期の中学生の彼に家に居場所なく生きる意味や力もなく劣等感に悩まされた。毎日死に場所を求める日々であったが、家の近くにできた教会に通い始めた。そこで衝撃的なメッセージを聞く「キリストは子供の時、私生児扱いされた方。誰も処女マリヤから生まれたと理解されなかった」それを聞いた時、豊彦はキリストをすごく身近に感じた。しかし続いて説教者は言った「しかしキリストには劣等感はなかった。なぜならキリストには処女から生まれた意味と目的を理解しておられたからである。」豊彦は思った「そうだ、僕もたとえどんな命であっても僕を確かな意味と目的を持って生かされた神がおられる」そう受け留めた時、劣等感は消え明るい光が差し込んできたのである。彼はキリストを救い主と受け入れ、やがて彼ならではの伝道救済活動に着手することになった。神の言葉は今も心騒ぐ私たちを解放するのである。
posted by kbcc at 19:46 | TrackBack(0) | 礼拝