2016年12月25日

2016年12月25日主日礼拝「素晴らしい喜びの知らせ」 ルカ2:8−1

音声で聴く。


ルカ2:8−1「素晴らしい喜びの知らせ」   



【序】今年のクリスマス礼拝は25日のキリスト誕生を記念する日曜日で正にピッタリの年。ところで誕生日は生まれた人に「おめでとう」と言うのに、キリストの誕生だけはお互いがおめでとうと不思議な祝い方をする。なぜか?→「民全体への素晴らしい喜び」(10)とある様に、キリストは人類に素晴らしい喜びをもたらすからである。



 



T.生きる力を与えられる喜び



聖書に38年もの長い間病で立てない男が出てくる。38年とは余りに長い!



→三つの絶望 @直らない絶望 A友人に見捨てられる絶望 B人生に意味があるのか?傷という絶望



しかしキリストは彼に「直りたいのか」と語りかけ、その人を立ち上らせ新しい人生を提供された。キリストは生きる力を与える喜びを今も提供される。



【輝く証人たち】父に捨てられ孤児院で育ったサリバン先生も、三重苦ヘレンケラーも、5年に一度発症する鬱で悩んだ新渡戸稲造も、頚椎損傷で首から麻痺した星野富弘も、キリストに出会い生きる力を与えられた。キリストは今なお世界中の人々に聖書を通して生きる力を与えられるのだ!



 



U.過去の傷が癒される喜び



 私達はあの人の所為でこうなったとか、あの環境の所為でこうなったと過去に引きずられて生きてしまい易いが、それでは幸福になれない。鍵は受容!でもどう受容できるか?



【ヨセフ】17才の時、腹違いの兄達に虐待を受けエジプトに奴隷として売り飛ばされる、挙句の果て無実の罪で牢獄生活十三年。しかし不思議な運命に導かれエジプトの大臣として抜擢される。後にかつて彼を虐待した兄達に再会。復讐を恐れた兄に向ってヨセフは言う「今、私をここに売った事で心を痛めたりしてはなりません。神は命を救うためにあなたがたより先に私を遣わして下さったのです」(創世記45:,5)意味が変わった!



辛い経験があったとしても、恵みの神を知る時、意味が変わるのだ!



 



V.心配からの解放される喜び



人は様々な事を心配する。健康、人間関係、仕事、将来…。しかし「心配毎の的中率は1%」を御存知か?これはモンテーニュが著『随想録』で語った言葉「私の生涯は恐ろしい禍に満ち満ちたものに思われた。しかしその実際は起こらなかった。心配事の的中率は1%に過ぎなかった」正に経験者語るだが、それでも1%の心配事の的中率を心配するのが心配性の特徴だ。そのために不安を抱くのだが、どうだろう?もし最悪の現実になったとしても、その最悪でさえへ祝福に変える御方がいるとしたら…それは正に朗報!そんなお方がいるのか。おられるのだ。私達を造り、万物を治めておられる愛と全能の神がこう語られる「神は全ての事を働かせて益としてくださる」(ローマ8:28)



 



W.最大の不安である死に打ち勝つ永遠の命の喜び



牧師として多くの人の死と接してきた。言える事は死は最大の不安だという事。しかしここに素晴らしい喜びが与えられる。キリストは死を打ち破って信じる者に永遠の命を賜るからである。ヨハネ6:39,40



【輝く証人たち】今年死に打ち勝った教会員の死に臨んでの希望…

posted by kbcc at 00:00| 礼拝