2017年04月25日

2017年4月23日礼拝メッセージ「幸せのハードルを下げませんか」ヨブ1:20-22 音声で聴く。

ヨブ1:20−22 「幸せのハードルを下げませんか」    メモリアル礼拝17.4.23

【序】説教題を「幸せのハードルを下げませんか」としたが、人生がスイスイ行っている時は幸せのハードルを高めに設定し易い。「ここまで来たんだからもう少し上に」と考える訳だ。確かに努力するのは良い事だ。ただ人生いつもスイスイ行くとは限らない。思いもよらない試練や苦しみ、病、死を経験する訳で、そうなると目標を見失い落ち込んでしまう。そこで提案したい事は「幸せのハードルを下げませんか」という事。ではなぜ「幸せのハードルを下げませんか」と提案するのか? 以下の三つの理由をお伝えして励ましになれば幸いである。


T.多くの喜びは幸せのハードルを下げた中に見いだせるものだから

  病を経験し長い入院生活をしてきた人が退院されると、今までは大して感じなかった家庭料理が美味しい、家の布団が有難い、花の世話も嬉しいと、よく聞く。実は喜びは身近な生活の中にあるのだ。又喜びは健康にすこぶる良いのはよく知る所。

【子供と大人の笑いの時間統計】子供が笑っている時間は一日2時間、大人は2分。(1時間で5秒しか笑っていない)後はムスッとしている、一番ムスッとしているのは家の中だそうだ。心当たりある?

もう一度何気ない事に感謝しようではないか。食べれる事、歩ける事、会話ができる事…。礼拝に来れる事。高い幸せのハードルが悪いとは言わないが、低い設定の中に意外と見落としている喜びがある事を覚えたい。


U.元々人は裸で生まれ裸で死んでいくから

 聖書のヨブは人生で大きな試練に出会った人。事業を失い、子供を失い、健康を失うという三重苦!そのヨブが語った言葉が「私は裸で母の胎を出てきた。又裸で私はかしこに帰ろう」(21)  人生はゼロで始まりゼロで終わる。だとしたら一つでも人生に良いことを与えられたら、それは実に有難い事だ。しかも「かしこ」に帰る世界を持つ人は幸い。そう思うと感謝が生まれ、感謝が生まれると前向きな展開も生まれるだろう。


V.神の力は人間的力を失って見出すものだから

人は何かの力で生きていくものだ。健康、お金、能力…しかしこの力を何かの挫折で失う事があっても、それで人生終わりではない。なぜなら聖書を見るとこの力とは別のもう一つの力が存在するからだ。それは神が下さる力である→「わたしの力は弱さの中に完全に現れる」(Uコリント12:9)星野富弘氏の頚椎損傷後の首下完全麻痺の中で与えられた新しい力もその証!

浅野順一は「ヨブ記」の中で→「人生には、病気や事業の失敗、家庭問題といった様々な破れが生じる。人生を一つの円で表現すると、円に張られた幕に破れが生じるのである。そしてこの世の多くの宗教は、その破れたところを何とか繕う作業をすることに躍起になる。上手く行けばよいのだが、その破れがもっと酷い事にもなる場合がある。この破れの繕いも一つの救いではあると思われるが、どうしても破れをつくろえないものがある。それは死である。聖書の信仰は、破れを繕う作業よりも、今まで円に幕が張られていたために見えなかった向こうの世界が、破れたお陰で、初めて見る事ができる素晴らしい世界があることを見せてくれるのである」

【結び】挫折は終わりではなく新しい力を得る人生のステージなのだ!

posted by kbcc at 21:46| 礼拝