2017年05月29日

2017年5月28日礼拝メッセージ「虚しさからの回復」ルカ19:1-10 音声で聴く。

ルカ19:1−10        「虚しさからの回復」          17.5.28

【序】TV番組に「なんでも鑑定団」がある。「お宝」を鑑定士から評価されるのだが、10万円で買った器が千万円と言われ

大喜び、逆に百万円で買ったが偽物で5千円、聴衆の笑いを誘う→結局価値は誰が作者かが決定的!今日出てくる人は自分

の価値を間違ったもので得ようと頑張った人である。しかし真に価値づけをして下さる方に出会い虚しさから回復する。

T.ザアカイが目指したもの

ザアカイ=「清い」の意味。しかし彼は「清さ」だけでは生きれないと目をつぶり、掴ん   

ではいけない金も掴み、乗ってはいけない話にも乗り、人の涙も無視して出世街道を走った。「取税人のかしらで金持ち」(2)―地位と富を得、目指していた成功者になった。それが自分を価値づけて満足できる人生と思っていた筈だが、そうではなかった。

U.成功者になったのに生じた三つの虚しさ

@思ったほど満足感なし

満足していたら、彼の生き方とは真逆なキリストに会ってみたいと思う事はなかった筈。 

  【例証】人間的に極みまで行った成功者に見られる不思議な虚しさ?!

○日本で最初のノーベル受賞者湯川秀樹 受賞の翌年エッセー『旅人』

私の関心は物理学ではありません、人間がどう生きるのか、命の問題です」

○豊臣秀吉の辞世の句「露と起き露と消えぬる我が身かな浪速の事は夢のまた夢…」 不思議!

※なぜ富や地位で自分を価値づけることができないのか?→「神は人の心に永遠を与えられた」(3:11)つまり神に造られた人間はその心に永遠なる神を受け入れて初めて満足できるのに、この世の一時的なものでは満足できない様に造られている。ザアカイは地位や富に囲まれてもこの虚しさを体験したのだ。

  A愛されない孤独

  「罪人」(7)→名を呼んでもらえない!人は仕事上自分の所に来るが愛されない寂しさ!川柳「退職金もらった瞬間妻ドローン」「パパお風呂入れじゃなくて掃除しろ」「愛犬も家族の番付知っている」「沸きました妻より優しい風呂の声」「職場でも家でも俺はペコ太郎」 現実は厳しく寂しい!

   【適用】孤独というのは内気とか友達付き合いが下手だからという理由で孤独なのではない。人は最後      

まで頼りになる友を持っていないという理由で全ての人が孤独なのだ。両親も友人もお金も地位も最後まで頼りにならない。ザアカイは人間として堪らない孤独を感じた。

  B罪を自覚し始めた

    「私がだまし取ったものは…」(8) これは素晴らしい自覚なのだ。罪を犯したことは悪だが、その自覚があるかないかが大切だ。

【例】教会学校教師が生徒に尋ねた「キミは死んだら天国に行けるかな?地獄かな?」生徒「良い事をした人は天国に行け、悪い事をした人は地獄と思います。僕は良い事も悪い事も両方したので中国に行きます!(座布団上げたい位)

しかし良い行いの人が天国に行き悪い行いの人は地獄に行くのではない。聖書の罪とは

関係概念である。つまり神に造られた人間が神との関係を持たない事が根本の罪!

(:子が親を無視して口を利かないなら最大不幸)ザアカイにこの自覚が生まれ悔い改めたのだ。

V.虚しさからの回復

  上記の三つの虚しさを払拭する方に出会った→キリスト!

キリストは彼が会う以前に彼の名と心を知っておられ(5)、彼の罪も知っておられたが見下す事なく却って彼の名を呼び、彼の家に入り、ザアカイをあるがままで受け入れて下さった→生きる喜び!

  【結び】一つだけ問題!→あなたはザアカイのように距離を置いて高い所からキリストを見てないか?「急いで降りてきなさい」人は変わり得る!


posted by kbcc at 12:43| 礼拝