2017年06月05日

2017年6月4日礼拝メッセージ「幸運な人」創世記39:1-6 音声で聴く。

創世記39:1−6          「幸運な人」           17/6.4

【序】あなたは運に強いか弱いか?…ゲームで白玉と黒玉が箱の中に入っている。「白玉を引き上げたら豪華な賞品、黒玉ならたわし」そう言われて私は「たわし」になる。だから次は思う反対を選ぶと、それが又見事にたたわし!

私は運に強いタイプではない。しかし聖書はヨセフを「幸運な人」と言う。聖書では全く違う意味を教えている。それは何か?又どんな幸運がもたらされるか。更にあなたも又幸運な人になれることを伝えたい。


T.幸運な人とはどんな人か

 一般的には「幸運とは巡り合わせが良い事」(:たまたま1枚買った宝くじが1億円!)

しかし聖書で幸運な人とは→がヨセフと共におられたので、彼は幸運な人となり」(2)

つまり、幸運な人とは=神が共におられる人のことである。あなたが神を信じ神の言葉に従って神と共に生きて行くなら、あなたは「幸運な人」なのである。

∵1.最大の恐怖である死と死後の裁きからキリスト信仰の故に救われている

 2.あなたを最後まで愛し支え祝福して下さる神が共におられるから

 一般的に運が強いと言っても人生は山あり谷あり。全人生の運が強い人はありえない。しかし神を信じ従う人の人生は信仰後生涯ずっと幸運な人になれるのだ。


U.神が共におられる時、どんな幸運がもたらされるか

1.苦難を益に変えられる導き()

ヨセフが奴隷として売られたのはエジプトのポティファルの所だった。これが苦難を益に変える導きの始まり!なぜならヨセフは後に冤罪でポティファルに監獄に入れられるが、そこで王の側近と出会い、夢を解き明かした事によりエジプト大臣への道が不思議に開かれて賢い政策によって飢饉から全土の救いに至る。ポティファルの所に売られたからこそ大臣への道が開かれたと言える。

【適用】「百万人の福音」(17.7月号)に「困難も御心の印でもある」とあったが、見える現実は困難で意味不明であったてもその一点で全てを判断してはいけない。神と共に歩むなら苦難を益に変える神の導きがある!

2.成すべき事の成功(3)

ヨセフの成功の理由は能力ではなく主が彼と共におられ…成功させて下さることを見た」(3)

  【証】連合宣教師の開拓伝道…一回目は大成功、二回目は経験も積んだ筈が伝道所を閉じた… 

箴言10:22「主の祝福そのものが人を富ませ、人の苦労は何もそれに加えない」を心しておこう。

3.周りの人に及ぶ祝福(5)

  神の祝福はヨセフ自身だけではなく、彼が属している周りの人にも及ぶ祝福なのだ。「主はヨセフの故にこのエジプト人の家を祝福された」(5)

  【適用】信仰の恵みというものはあなた自身の祝福だけではなく、あなたが属している家族や職場、学校にも及ぶのだ! なんと素晴らしいことではないか。

   @あなたは自分を過小評価してはいけない。

A自分の力で影響力を付けようと焦る必要はない。あなたが心に留める事は唯一つ。神と共に歩む事である。すると神があなたとあなたの周りをも祝福して下さる! 


posted by kbcc at 12:58| 礼拝