2017年07月03日

2017年7月2日礼拝メッセージ「喜びの大逆転」創世記41:46−52音声で聴く。

創世記41:46−52 喜び大逆転  17/7.2

【序】高橋尚子というマラソンランナーがいた。オリンピックで金メダル取った実力者。彼女にも挫折の時があった。特に04年には足首を骨折して「再起不能か」とも思われたが、翌年の東京国際大会で見事優勝した。インタビューで「悪い事も色々あったけど、オセロゲームのように黒だったものを全部白に変えられた!」嬉しい表現!今日の聖書はヨセフが人生の大逆転の日を迎えるところ。ここから聖書が語る励ましのメッセージを伝えたい


T.苦しみも忘れる日が来る

「神が私の全ての労苦と私の父の全家を忘れさせた」(41:51)

 ヨセフ17歳からの青春時代を13年間、牢獄でしかも冤罪による絶望的な日々を過ごした。そんな彼に嬉しい大逆転の日が来たのだ。

【適用】現在20年ぶりに「教会案内」を作成中。内藤兄と真理子先生が担当。挨拶文を依頼され冒頭にこう書いた「あなたが人生を捨てても人生はあなたを捨てない」これは教会HPの表紙の言葉でもあり私の牧会人生の実感!今が人生の全てではない辛い日々も忘れるができるが来ることをヨセフの生涯は語ってくれる


U何が苦しみを忘れさせたか

 ある人は、彼がエジプトの大臣になる程の出世をしたからだと言う。しかし日本の歴史上、出世をして相手復讐する武将の話が多く有るではないか。だから出世が心を広くさせたのではないのだ。それでは何か?神が…忘れさせた」(51)

 具体的に聖書は説明する→45:5!「神は命を救う為にあなた方より先に、私を遣わして下さったのです」それまでは兄達がヨセフを奴隷として売ったからエジプトに来させられた、と思っていたのが「神があなた方を救うために先に遣わして下さった」という理解に変わっている!つまり「思い」が変えられた事が苦い過去を帳消しにできた理由!

【適用】U兄の父親に対するわだかまりが消えた証…

多くの人は感情から変えようとするが、不可能。大切なのは思いが変わったら感情は変わる!


V.神の最善計画を信じよう

神と人間との根本的違いは「神は未来が見えるが人間は今しか見えない」事だ。

それで、今起こっている事柄が辛く意味不明に思えると、つい落ち込み文句も言いたくなる。しかしヨセフの人生から学ぶように、辛い経験も神の最善計画の中にあった。故に聖書はあなたもこの神の最善計画を信じなさい、と励ましているのだ。

【適用】私の交通事故や父の倒産も、当時は「不幸、運が悪い」としか思えなかったが、今振り返ると、それがなければ私も父も神を知り救われることはなかった、有り難い経験であったと心底思える。

エレミヤ29:11

posted by kbcc at 06:13| 礼拝