2017年07月23日

2017年7月23日礼拝メッセージ「全てを益に変えてくださる神」ローマ8:28音声で聴く。

ローマ8:28全てを益に変えてくださる神  

【序】将来に不安を感じている人は多い。又自分の人生を振り返「あれさえなければ良かったのに、失敗だった」と過去のトラウマに嘆くも多い。今日はそういう方への励ましのメッセージ!その根拠「神が全ての事を働かせて益として下さる」(ローマ8:28)という聖書の言葉である全ての事」の中には嬉しい事だけでなく悲・苦しい事有り。それらを働かせて益にしてくださる神がおられるからだ。今日は三つの課題についてその恵みを語りたい。


T未来に関する事―神は絶望の人生希望の未来に変えられる

全く自分の未来に希望を持てないどころか絶望しかなかった女性の証をしたい。

この女性の話は「20世紀最大の奇跡」して語り続けられている。

彼女の父親はアルコール依存症が入ると人が変わったに母親を殴る蹴る。母親は暴力に耐えられず衰弱死。母親が発見された時、両手に3歳の弟と少女であった彼女の手が握られていた。弟は栄養失調で死亡。少女一人が残されたが、父親は見捨てた。身寄りのなかった彼女は孤児院に入居。人へ不信感から口を利か、統合失調症にも罹った。全く絶望の世界。何年も闇の世界であったが、ある、教会から訪問団があり初めてキリストの話を。神の子として多くの人を愛し時に癒す。彼女の心を動かしたのは十字架の祈りだった「父よ彼らを赦し給へ」彼女は思った「なんと崇高な祈りだろう、自分は罪を犯したことがないのに…。それに比べ私の心は恨みで一杯、少しも心が変わらない。この方こそ神の子に違いない」そしてキリストを救い主と受け入れた。憎しみに変え祈りが生まれ聖書に聞く人生が始まった。20歳で孤児院を卒業する、祈りを捧げた「神様、私より悲惨な人生を歩んでいる者のために私をお使いください」やがて導かれた家庭に三重苦の少女ヘレンケラーがいた孤児院で育った彼女こそサリバン先生…。改めて思うのは彼女が経験した絶望がなければどうしてヘレンケラーの絶望を理解し助けることができるだろうか。神は絶望の現実を変えて未来に希望人生に与えられるのだ。


U.過去に関する事―神は過去の傷を癒す

    誰にも過去に何らかの傷がある。人の言葉、態度に傷を受けたり与えてしまったり

しかしここに素晴らしい神がおられる神は過去を変えることができるという事だ。

故水上恵美子姉の義母を受け入れられずプレゼントのランドセルを放り投げ、義母が亡くなられ夢に現れ悩んだ私は伝えた「その人が死んだ後ではその存在の創造者である神に祈るしか赦しの道はない。そして赦される」神は過去の傷を癒し帳消しに変えられるTヨハネ1:9


Vいのちに関する事―神は真の健康を与え死に勝つ永遠の命の下さる

  健康の不安は強烈。健康とは何か?WHOの定義「健康とは単虚弱でないというだけではなく身体的:、精神的、社会的、そして霊的に完全に良好な状態」こんな人いる?→「健康とは自分が立てた目標を遂行できること」(米山公啓「健康という病」)

そして更に聖書の福音によれば死に打ち勝つ永遠の命が与えられるのだ→

これこそ命の根本的解決ではないか→ヨハネ6:39,40! キリストを受け入れませんか?

posted by kbcc at 20:39| 礼拝