2017年07月30日

2017年7月30日礼拝メッセージ「過去は変える事ができる」創世記50:15−21音声で聴く。

https://www.youtube.com/watch?v=s7GY6Go0VaE

創世記50:15−21 「過去変える事ができる

【序】誰でも過去に何らかの傷があり時にトラウマになりあれさえなければもっと幸せなのにと思う事があ

しかし今日のような主題を付けると多くの方は「過ぎ去った過去を変えるなんて不可能ではないか?」と言われ

でも聖書の福音はそれを可能にし、ある過去も未来に希望をもって生きるように導く。それをお伝えしたい。

T.過去を変えるものは何か

確かに過ぎ去った時間は取り戻せないのだから、過去の出来事変えるなんて出来ない。しかし一つだけ過去を変える道がある。それは過去にあった出来事の意味が変えられるというだ。ヨセフが兄達に語った言葉「あなたがたは私に悪を計りましたが…神は良い事の計らいとされました」(50:20)にそれが見られる。兄達から酷い虐待を受けエジプトに奴隷として売られたヨセフであったが、その悲劇の結果エジプト大臣として大活躍機会を得た虐待された「良い事の計らい」であったと意味変えられている。これこそ傷ある過去からの解放である。

神を信じる世界は特殊な世界ではなく、暗い過去さえ変える解放をもたらすのだ。

【証】曽野綾子の著『人は最後の日でさえやり直すことができる』の中で:

「おもしろいことに、信仰を持つようになると、失敗した人生というものはなくなるのである。それは何をしても失敗しないということではない。ある人間の生き方が、常に神の存在と結ばれていれば、仮に些かの、或いはかなり大きい挫折はあっても、どのような人生にも意味を見いだすことができる。…これはいかなる政治家、心理学者、劇作家にもなしえない逆転劇であり、解放である」

U.過去の原因追求をやめよう

人生の災いや病またトラウマになるような過去の経験や出来事の原因として「あの人」「この出来事」と思い易いがそれでは恨みとストレスしか出てこない。しかし、悪と災いでさえ「良いことの計らい」とされる神がおられるのである!

【証】盲目のテノール歌手、新垣勉氏の証…ラテン系米兵と日本人の母の間に生まれたが、生後間もなく看護師のミスで家畜の点眼薬を目に投与され失明。更に1歳の時両親が離婚。父は帰国。母は再婚。母方の祖母に預けられたが祖母もやがて死去。高校生時自殺も試みた。親を恨む日々。そんな折ラジオから流れてきた讃美歌に惹かれ教会に行く。牧師は彼の話を涙を流しながら聞き彼に神の愛を伝え彼も神を受け入れる。すると不思議な出会いに導かれる。大学在学中世界的ボイストレーナーのバランドーニ師に出会い言われた「あなたの声は日本人離れしたラテン的な明るい声だ。人に勇気を与える。に感謝すべきだよ」憎しみが消えた瞬間

V.過去の傷を祝福に変えるために必要なこと

1.人生の悲劇も又祝福への伏線である事を知ること

 人には明日が見えないので悲劇の只中では祝福が見えないが聖書から分かる。

2.自分を価値づけ悲劇の人生をも祝福に変える神を知ること

新垣さんの場合ボイストレーナーの存在は不可欠だ。でも自分にはそんな人はいないと嘆く方もおられるだろう。しかしここにヨセフも経験しまた誰でも、悲劇を作り変え、自分を価値づけてくれるお方がいてこう言われる→「先のことどもを考えるな…見よ、わたしは新しい事をする」(イザヤ43:18,19)

聖書を知らなくて元々の人生であったとしたら、もし聖書を知って揺るぎない祝福の人生を知れたら財産を得たようなものではないか

posted by kbcc at 16:36| 礼拝