2017年09月03日

2017年9月3日礼拝メッセージ 「逆境と回復」」ルカ1章57−66節音声で聴く。


ルカ1:57−66 「逆境と回復

【序】人生いつも順風満帆とは行かない。時に逆風を受ける事がある。辛い思いもするしかし正月に子供が遊ぶ「凧上げ」は逆風でないと空に舞い上がらない様に人生にも逆風特有の恵みもあるのだ。今日の話はキリストの道備えをした洗礼者ヨハネの誕生のところだが、その両親が学んだ出来事から「逆境と回復」として語りたい


T.逆境も終わりの時がある

ザカリヤは言葉を話す機能を失うという逆境を経験したが、やがて回復して神の恵を誉め讃える者になった。試練の時には「このままで終わるのではないか。自分は神に見捨てられたのではないか」という不安を感じるが、そうではない。逆境も終わる時がある。

【適用】しかし病気に負けて終わる人生もあるではないか、という疑問の方へ:

病気に負けたから死ぬのではない。神がその人を天国で必要とされる時が来たから地上の生涯を終えて召されるのだ。クリスチャンには世を終えると思われる死でさえ永遠の命の道が開かれているのだから。


U.逆境の時には反省せよ

ザカリヤ神への信仰をもっていたが、念願の子供を与えられるという約束を聞いた時、嬉しい筈なのに、神の全能を信じる信仰を働かせるができなかった。今までの常識とか経験で判断したために不信仰に陥った。「ここ一番」という時があるが、その時、形式だけの信仰であった事に気づかされた。ザカリヤは言葉を失い、人々とのコミュニケーションを失う中で、神と対峙し神に信頼することを学んだ。

【適用】「逆境の時には反省せよ」(伝7:14)とある。反省というのは自分はダメだというのが反省ではなく、何が一番大切なのかを見直すことが反省なのである。人生で二番目、三番目であるものを無自覚に一番大切にしてしまってきた事の反省が大事である。

【証】ヘルニア手術で入院中に学んだ「何が一番か?という問い…


V.失うのは得るためである

 赤ちゃんが手にする好きな飴をもっと美味しいチョコレートがあると、飴を手放してチョコレートを取るように、神様はもっと大切なものがあることを教えるために、人生で失うことを経験させる。ザカリヤはある期間言葉を失ったが、後にキリストを預言する言葉と力を与えられている。言葉の自由を失ったが、それは又新しい言葉と自由を得るためであった。知って頂きたい事は、失うことは新しいことを得るためであるという事である。

【適用】元体育教師であった星野富弘さん首から下動かない体の機能を失われたが、口に筆をくわえて花と詩を描き他の人には出来ない人を慰める新しいを与えられた…「動ける人が動かないでいるのには忍耐がいる、動けない人が動かないでいるのに忍耐など必要だろうか、そう気づいた時、身体をぐるぐるに縛っている呪縛という鎖が解けた気がした」「雨にも負けて風にも負けて夏の暑さにも負けて「東に病気の人がいても西に困っている人がいても何もしにない。丈夫な身体になりたくて健康食品にも気を遣い美味いものが好きで拙いものが嫌いでお金もほしい着物もほしい…そんな私があおむけで寝ている」(勝者とか敗北者を超えた余裕)

posted by kbcc at 23:13| 礼拝