2017年09月17日

2017年9月17日礼拝メッセージ「地の上に平和を」ルカ2章8-14節音声で聴く。

ルカ2:8−14   「地の上に平和を」       

【序】「地の上に平和」は人類の切なる願いだ(国家も個人も家庭もなぜなら人間が努力して作った平和は壊れ易く簡単に争いの世界に変わってしまうのをお互い知っており、失望しているからである。そんな私達に聖書は目を転じなさい、キリストこそ人々に平和をもたらすキーワードキリスト誕生によって「地の上に平和があるように」(14)と語られている。どのような平和をキリストはお与えになるのかを伝えたい


1.神との平和

人は神によって造られたからとの関係を必要としている。創造者の神との関係を持たない事を罪と呼んでいる(原罪)「私は罪人ではない」思うもおられるだろうが聖書の罪は刑法の罪ではなく関係の罪。つまり神に造られたのに神を神として認めず無関係に生きていることを罪と呼んでいる。この結果、生きる意味目的?善実行無力。悪抑制弱。一人さえ愛し通せない。挙げ句に死の不安。死後の裁きに罪の解決無力。しかし2千年前にキリストが十字架上であなたの罪の裁きを身代りに受けて神との平和の道を開いて下さった。この平和を得る方法は修行も善行も不要。唯キリストを罪からの救主と信じるだけでよい。 キリストこそ神との平和の鍵


2.人との平和

 親しい人との平和は簡単だが、問題は苦手な相手や敵との間には平和が保てない。しかし神は敵との間でさえ「和らぐ」事ができる道を示された。その方法は相手との説得や相手を変えようとする努力ではない。相手を見るよりもまず自分が神の御心を行う事!やがて神がふさわしい時、その人との和らぎを与えられる。

「主は人の行いを喜ぶ時、その人の敵をもその人と和らがせる」(箴言16:7)

【証】祖父は国立大学病院の医師で幸せな4人家族がいた。しかし家庭の平和が崩れる。祖父が病院治療できないと言って女性を連れてきたが、その女性が子供を産む。祖父の浮気の相手だった祖母も娘も憎しみの余り、次女はノイローゼで死亡。祖母は離婚し田舎で生活を始めたが恨みしか残っていなかった…そんな彼らに近所の婦人が家庭集会に招いた「汝の敵を愛せよ。何と浮ついた言葉!と吐き捨て帰宅、その後それを語ったキリストが十字架上で「父よ彼らを赦し給へ」祈りのために身代わりの罪の裁きを受けてくださり赦しの道を開かれた神の御子と知った。キリストを信じた結果、その憎しみが消えてなくなった!キリストこそ人との平和の鍵!


3.心の平和(安)

不安と恐れの中で必要なのはこの心の平和(平安)である。

【証】アポロ13号は地球から55時間後、33万q離れた地点で、宇宙船内の酸素タンク爆発酸素喪失は宇宙船の機能停止と3の飛行士の死をも意味した。NASAでは大統領による殉職声明文も用意された程。飛行士のパニックが想定されたが違った。3人手を握り神に祈り始めた。Tコリント10:13「…脱出の道も」そこから宇宙船を脱出し月面着陸乗り換えて地球交信する事によって無事地球に生還した。アポロ13号の奇跡と言われている。心の平安はゆとりをもたらし素晴らしい発想と生き方が生まれるキリストこそ心の平安の鍵!

[結び]国家の平和が実現する順序は、先ず神に栄光(神との関係)。次に人との関係(14)。この順序を飛ばしては平和の実現はない。エゴが支配するからである。心したい!

posted by kbcc at 19:44| 礼拝