2017年10月29日

2017年10月29日礼拝メッセージ「有限の世界から無限の世界へ」ルカ5章1-11節音声で聴く。

ルカ5:1−11     「有限の世界から無限の世界へ」       17.10.29

事務機で有名なリコーの創業者市村清氏は「儲けるは有限、儲かるは無限」と言われたが、聖書は、自分の力に頼る有限の世界から神の力によって生きる無限の世界がある事を教えている。今日の話は、自分の力に頼る有限の世界でだけ生きていたペテロがキリストとの出会いによって神の力による無限の世界を知らされていく。


T.人生の「不漁体験」をする本当の理由

「夜通し働いたのに何一つとれなかった」(5)「網を洗っていた」(2)

ペテロは漁師としての成果が上がらず、その上、疲れがどっと増す後始末までしなければ行けない。正に有限の世界、限界の中でしか生きれない私たち人間の姿である。しかしそんなペテロのような私たちの姿をキリストは知っておられた。

※キリストというお方は、単に「わかるよ。人生ってそんな悲哀をなめるよね」という様な儚い慰めで終わるのではなく、その有限の世界から無限の世界を導こうとされるのだ。キリストは不漁体験から無限の祝福へと導くお方なのだ。


U.無限の世界へのステップ

1.キリストはペテロを船に乗せて二人だけにされた。

「イエスは…シモンの持ち船に乗り…漕ぎ出すように頼まれた」(3)

表向きは群衆に話し易い為の対応に見えるが、本当は失望落胆するペテロを立ち上がらせる為だった。主は人生に落胆している者を、そのまま放置する事はない。ペテロは船の中で群衆に語られる主の言葉を聞く羽目になった。何もせずに主の言葉を聞く、これこそ打ちひしがれた心が再び新しい力を得て立ち上がる秘訣である。何かしようと焦るよりも神の言葉を聞く事が優先される理由がここにある。

2.キリストはペテロに無限の祝福の世界を見せられた

「深みに漕ぎ出して網を下ろして魚を取りなさい」(4)「沢山の魚で網が破れそうになった」(6)

同じ事の様に思えるかも知れない。しかし同じ事をするのだが、結果が違うのだ。あなたが今までして来た事は正しい事かも知れないが、問題は何の力でそれをしたのかという事だ。ペテロに必要なのは自力で頑張って成功失敗を繰り返すのではなく神の力で生きる無限の世界を知る事なのだ。【私の証】劇的救い、癒し…


V.無限の世界体験のために必要なこと

「その通りにすると沢山の魚が入り網は破れそうになった」(6)

結果は信じられないような大漁であった。オリンピック競技の高飛び選手でも3メートルは無理。しかし赤ん坊でも飛行機に乗れば1万メートルの高さを飛べる!


【結び】聖書の世界は唯「いいお話」を聞いているだけでは何も変わらない。あなたはペテロの様に有限の世界の限界に疲れて座り込む事もあるだろう。新しい無限の世界へと導くキリストがおられるのだ。キリストが言われるから、もう一回やってみようと考えて従う事が大切である。ペテロは半信半疑であっただろう。いや90%期待してなかったと思う。でも従った!その時何かが起こった!あなたにもそれが必要ではないか!

posted by kbcc at 23:39| 礼拝