2017年11月27日

2017年11月26日礼拝メッセージ「それでも人生は変えられる」Uコリント5章7節音声で聴く。

Uコリント5:17     「それでも人生は変えられる」       17/11.26

【序】今まで多くの方々の生き様、死に様を拝見してきたが、つくづく感じた事は「人は生きてきたように死ぬ」という事だ。普段から感謝をよくする方は、死ぬ時も周りに感謝して死んでいかれ、普段から人に当たり散らしている方は死ぬ時も家族や病院に当たり散らして死んでいかれる。普段からお金の事ばかり心配している方は、死ぬ時も預金通帳を心配して死んでいかれる…。「死ぬ時だけはカッコよく決めたい」というのは残念ながら不可能に近い。それを思えば、後々のために今を豊かな恵みを感じ生きていく姿勢が大事だ。しかし今を豊かに生きるのも至難の業である。しかしそんな私たちの今を変えて下さるお方がいる。それを伝えたい。

T.素晴らしい活躍をした人たちにも浮かばれる日々があった証

・「31才になって私に望ましいのは死だけです」(看護士の鏡ナイチンゲール)

・「誰が惨めだと言って自分ほど惨めな人はいない」(黒人奴隷解放で有名なリンカーン)

・「私ほど怒りっぽく僻み屋でひねくれた者はいない」(教育貢献&欝新渡戸稲造)

この3人は歴史上素晴らしい貢献をした方々だったが、初めからそうではなかった。彼らも暗い性格や環境に悩み自信喪失の日々があったのだ。しかし変えられた!

それは彼らの暗い人生を輝く人生に変えるお方の情報を聞いて従ったからだ!

U.二種類の情報

1.「外から内に入る情報」

この情報の中で最も悪影響をもたらすのは劣等感に支配される事だ。劣等感とは何か?劣等感とは、他人より劣っているという事ではない。劣っていることを恐れる心である。聖書の例で言えばダビデに対するサウル王の態度である。サウルは王でありダビデは部下。サウルには兵が何万とあるのに、ダビデはたった五百。だのにダビデを一匹の蚤を追い続けるように追ってやがて身を滅ぼす。なぜ?それは女たちが「サウルは千、ダビデは万」と歌うのを聞いたからだ。「外からの情報」に支配されて妬みと恐れで身を滅ぼしたのだ。

2.「上から内に入る情報」

大切なことは「外から内に入る情報」に耳を傾ける事をやめ、「上からの情報」つまり創造者である神のメッセージを聞き、従う生き方を始めることだ。なぜなら神はあなたをあるがままで愛し価値づけ、あなたを思う存分用いてくださる情報を耳と心に入れてくださるからだ。「わたしの目にはあなたは高価で尊い」(イザヤ43;4

V.何が「人生を変える」のか?

Uコリント5:17によれば、「だれでもキリストの内にあるならその人は新しく造られた者です」と記している。誰でも、いかなる状況でも、である。

【証】1126日付のクリスチャン新聞の記事…拉致被害者の横田めぐみさんの父滋さんが114日洗礼を受けた。妻の早紀江さんによれば「めぐみがいなくなった時、主人は『神も仏もあるものか』と言いながら海辺や街をさ迷い歩き続けた。その時からあらゆる宗教を拒み。キリストのキの字も言おうものならもの凄く大きな声で怒っていた。そんな主人が洗礼を受けさせて戴いた。国分先生が「神様を受け入れますか」というと「はい」と答えていた。何が起こっているのか分からないといった感じで、こんなことがあるんだ、不思議なことが一つ一つ怒っているんだなあと本当に感謝で一杯です」と。

人生何が起こるかわからない。。→Uコリント5:17は本当なのだ。

posted by kbcc at 15:47| 礼拝