2017年12月25日

2017年12月24日礼拝メッセージ「素晴らしい喜びの知らせ」ルカ2章8−12節音声で聴く。


ルカ2:8−12       「素晴らしい喜びの知らせ」       17/12.24

【序】もしキリストがお生まれにならなかったら、世界はずいぶん寂しく暗い年末になるだろう。ジングルベルも聖しこの夜もハレルヤコーラスも歌わなくなり、クリスマスプレゼントもなくなる。夜に輝くイルミネーションだってなくなる。世界最大の経済効果をもたらすクリスマスセールもなくなる…でもそれは究極的な損失ではない。本当の損失は人類の救いが無くなる事だ、その救いを聖書は「素晴らしい喜び」と語る、それを伝えたい。


「素晴らしい喜び」(10)とある。キリストが与えられる人間になくてはならない三つの喜び:  

T.生きる力を与えられる喜び

聖書に38年もの長い間病で立てない男が出てくる。38年とは余りに長い!

→三つの絶望 @直らない絶望 A友人に見捨てられた絶望 B人生に意味を見いだせない絶望…。

その彼にキリストは「直りたいのか」と語りかけ、その人に癒しと新しい人生を提供された。キリストは生きる力を与える喜びを今も提供される。

【輝く証人たち】

父に捨てられ孤児院で育ったサリバン先生もキリストに出会い三重苦のヘレンケラーを導いた。30歳で自殺しかないと悩んでいたヘナイチンゲールも看護師の鏡と言われ活躍した、5年に一度発症する鬱で悩んだ新渡戸稲造も教育事業で活躍した、頚椎損傷で首から麻痺した星野富弘も、キリストに出会い生きる力を与えられた。キリストは今なお世界中の人々に聖書を通して生きる力を与えられるのだ!


U.将来の不安から解放される喜び

人は様々な事を心配する。健康、人間関係、仕事、将来…。しかし「心配毎の的中率は1%」を御存知か?これは思想家モンテーニュが語った言葉「私の生涯は恐ろしい禍に満ち満ちたものに思われた。しかしその実際は起こらなかった。心配事の的中率は1%に過ぎなかった」正に経験者語るだが、それでも1%の心配事の的中率を心配するのが心配性の特徴だ。そのために不安を抱くのだが、その最大の原因は人間には未来が分からないということだ。しかしあなたの未来に祝福計画をもたれる神がおられるのだ。

「わたしはあなたがたのために立てている計画をよく知っているからだ―主の御告げー「それは禍ではなく平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ」(エレミヤ29:11

同じ一回限りの人生なら、素直に信じて未来の祝福の希望を信じようではないか!


V.死に打ち勝つ永遠の命の喜び

牧師として多くの人の死と接してきた。言える事は死は最大の不安だという事。死の不安は三つある。@自分が全く存在しなくなる不安 A一切を手放す不安(愛する人や愛する物) B死後の世界で裁かれるのではないかという不安。 

しかしここに素晴らしい喜びが与えられる。キリストは死を打ち破って信じる者に永遠の命を賜るからである。

「事実、わたしの父の御心は、子を見て信じる者がみな永遠のいのちを持つことです。わたしはその人たちをひとりひとり終わりの日によみがえらせます」(ヨハネ6:40)

posted by kbcc at 10:01| 礼拝