2018年01月15日

2018年1月14日礼拝メッセージ「ハリチリ合戦」ルカ6章41、42節音声で聴く。


ルカ6:41,42        「ハリチリ合戦」          18.1.14

【序】顔にある目は自分の顔は見えないが相手の顔はすぐ分かる。同様に欠点も自分よりも他人の方が見え易い。果たして欠点かどうかも定かではないのに、直ぐに「あんたは○○」と批判する。すると相手も「キミも△△」とハリチリ合戦が展開される。どうしたものか…だからといって全く言わないのもストレスだ。神の御心を聞こう。


T.相手には「塵」で、自分には「梁」である意味

聖書的に言うなら人間は等しく罪人であるので、自分の方が必ず家の横柱のような大きな梁をもっているというのではない。どちらも塵なのだが、相手の塵を目ざとく見つけ、叱責し、時に怒りを爆発させる。或いは怒りを心にしまいこんでいるような場合、自分の目には塵から始まっていても大きな梁のように増大してしまう故の表現だ。だから相手に対する批判的な思いや怒りを持ち続ける事は罪を増大させることになる。


U.では相手の中の塵に気づいた時にどうしたらいいのか?

塵が怒りによって梁のように大きくなる現実を知る時、成すべき事をキリストは教えられた。それは「先ず自分の目から梁を取り除きなさい」(42a)

つまり、相手を責める前に先ず自分の吟味から始めよ、である。とかく相手の欠点は自分の欠点よりも早く気付いてしまう。だからといって自分の欠点がない訳ではないのだ。相手の欠点に気づいた時、自分はどうなのかと自己吟味から始めるべきなのである。これを怠ると間違いを犯しやすい。

【例】かつて滋賀県の大火事で…警察は放火犯として5才と6才の子供とし、児童相談所に通告処分とし捜査を打ち切った。その後はいじめの連続。子供の家族はお詫びにと杉百本を市に出したが、県が建てた住宅に入ることを断られ、納屋で家族は身を寄せ合って過ごさねばならなかった。救援米も二回を一回に削られ、子供が小学校に入ると「家を返せ」と廊下を引きづられ、運動会で一等を取ると「遠慮しろ」と怒鳴られ、終に一人の子供の母は寝込み「この子が不憫で」と繰り返しながら死んでいった。もうひと家族はいたたまれず転居…。7年後ある窃盗犯が刑務所でその火事の放火を自供した!…いったいこの子供たちの心の傷を誰が償ってくれるだろうか! 間違った裁き合いがもたらした余りに痛ましい出来事ではないか!

「聞くには早く、語るには遅く、怒るのに遅いようにしなさい。人の怒りは神の義を実現するものではありません」(ヤコブ1:19,20を肝に銘ずべき。


V.相手の塵を取り除く仕方

現代の様に人間関係が希薄な時代は、とかく相手の欠点に気づいてもだんまりで

関わろうとしないか、逆に切れて破壊的な行動に出るかである。聖書的な愛の態度を祈り求めるべきである。キリストは「…そうしてこそ兄弟の目の塵がはっきり見えて取り除くことができる」(42:b)と言われた。またガラテヤ6:1にも「柔和な心で正してあげなさい」とある。単に相手を裁いて罪に定めるのではなく、愛の心から自分も同じ重荷を負うつもりで愛の忠告をするのは尊い事である。大切なのは兄弟愛から出た言葉であるかどうかだ。これが聖書を学ぶ者の間で行われるなら麗しい教会、麗しい家庭、麗しい人間家系が結ばれるであろう。

posted by kbcc at 13:24| 礼拝