2018年01月29日

2018年1月28日礼拝メッセージ「まじめなのに喜びがない人」ルカ15章25−32節音声で聴く。

ルカ15:25−34      「まじめなのに喜びがない人」      18.1.28

【序】真面目であることは良いことだ。でもまじめなのに喜びがないというのは残念な生き方である。そして現代、そのような人が多いのではないかと思う。その原因は何なのかということを、今日聖書に出てくる兄息子の姿から考えたい。


T.物語の背景(11-24)

兄息子を正しく理解するためには弟息子の話を知った上でないとわからない。この話はいきなり弟息子が父に「財産をくれ」(12)とあるが、これは当時絶対言ってはならない父との絶縁の言葉!それ程、弟息子は愚れた息子。散々家族を困らせ、仕事も中途半端で遊び好き。それさえ長続きしない。放蕩三昧の後、金が底をつき、友達にも見捨てられ、一人ぼっち!そんな時、我に返り父を思い出す。プライドも捨てて帰還し、父に謝る。父は喜んで走り迎え弟息子を歓迎→宴会!となる。ここまでの理解をした上で兄の話になる。


U.兄息子に見られる人間の姿

兄は弟とは違って自分も家出を!はない。弟の分まで働く律儀者。世間は言う「あの家がもっ

てるのは御長男のお陰。偉いなあ」誠に品行方正、まじめで通っている。しかし弟帰還の宴会で一

気に怒りが爆発(28)!そして彼の言葉の中に意外な本音が噴出。

1.我慢だけのがんばり

「長年あなたに仕え、戒めを破った事は一度もありません」(29a兄は正しくて立派だが、その実29bで語る→「だのに楽しめといって子山羊一匹を下さったことはありません」(29b) 本当は遊びたくてしょうがない。しかし遊ばない。兄は恥をかく事が一番怖い。体面を取り繕う道徳主義。父に仕えて立派に仕事をしているが喜びなし、満足なし。ただ我慢していたのだ。この我慢だけでがんばっているのはいつか爆発してしまう。

2.愛がないということ

「遊女におぼれてあなたの身代を食いつぶして帰ってきたあなたの息子(30)

「弟」なのに「あなたの息子」と言う。関係を切った冷たい心!どんなに立派で仕事ができ正義でも愛がないというのは問題を解決しない。誰かの為に頑張るのは立派だが「私は正しい」と頑張るのは相手が間違っていると発信しており、それが無限に人を傷つけている。それに気がつかない。中途半端に正しい事は恐ろしい事!

【例】太宰治「優秀の優という字は優しいとも読む。真に優秀な人は優しい人だ。また人偏に憂いと書くように優しい人は必ず人の憂いを知っている。中途半端に優れている人が人を傷つける、その事に気づかない」

3.報われていることに気がつかない

 兄は「一匹ももらっていない」(29)と言うが「父は身代を二人に分けてやった」(12)既に残りは自分の物(31)。ほしければ食べればいいのに報われていないと誤解する。

では「報い」とは何か?→正しいことができるということ自体で充分報われている。良い事ができる、それ故信頼もされるという事自体、ちゃんと報いを受けている。

【適用】兄タイプの人は優秀という事で十分報いを受けている。信用を得るしお金も貯まる。教会には概して兄タイプの人が集まる。兄の優秀さを更に磨きをかけて更に良い人間になろうとする。自分でやれるのであれば、やったらよい。しかしやればやる程やれない自分に気づきそこから罪が分かり、救いの必要が分かってくる。十字架の必要が分かってくる。 


posted by kbcc at 13:37| 礼拝