2018年02月04日

2018年2月4日礼拝メッセージ「人生の嵐に悩む時」ルカ8章22−25節音声で聴く。

ルカ8:22−25「人生の嵐に悩む時18.2.4

【序】人生には予期しない嵐がやってくる。家族の事、人間関係の事、健康面の事、職場の事、経済の事…その時慌てふためいてしまう私たちだが、そんな中で一緒にいて鎮めるお方を見いだせたら、どんな心強いか。そんな方がおられる!伝えたい。


T.知恵や経験が通用しない人生の嵐がある

弟子達がキリストと舟でリラヤ湖の向こう岸に渡ろうとしてい予期しない

突風が吹きおろしてきて忽ち湖は嵐になり「水をかぶって危険になった」(23)

弟子達はこの湖で育った根っからの漁師だったが慌てふためき「先生、先生」(24)

と二度も主を呼ぶ程のパニック状態!正に知恵も経験も通用しなかったのだ。

【適用】私達の人生にも人間の力も通用しない人生の嵐がある。家族や健康、仕事や経済…更には、心の中不安恐れ怒り憎しみの嵐を一つも鎮められないではないか。自分に頼らない事だ!


U.人生の嵐に必要なものは何か

キリストが弟子達に「あなたがたの信仰はどこにあるのです」(25)と言われた様に、人生の嵐に必要なのは「神への信仰」である。実はなぜ私たちが人生の嵐に会うかという理由がここにある。人生の嵐には知恵も経験も通用しない中でそのに必要なのは嵐を支配し万事えるへの信仰なのだという事を知るためにあるキリストが弟子達にこの旅をさせたのも(22)、この信仰を持ってほしいとの願いがあったからだ。ではもう少し掘り下げて神への信仰について考えると:

1.自分の将来を小さな判断で決めない

弟子達「溺れて死にそうです」(8:24)と言生き死には神の手の中にあるのに、小さな判断で自分の将来を勝手に決めてしまうところにパニック原因がある

2.神の顧みがないと僻んで決めない

マルコ4:38には「何とも思われないのですかとある。自分たちのことを顧みられていないというすねた見方をしない事だ


V.人生の嵐を沈められるキリスト

主は「嵐と波を叱りつけて、風もおさまり凪」(24)になった

私達はこの奇跡に驚くが天地万物は神の作品。私たちも自分の作った作品を意のままにできるように、大自然も神の御子の御手で意のままにできるに不思議はない。

感謝な事はキリストは、嵐に慌てふためく弟子達と同じ舟に乗り風を叱り嵐を鎮めてくださった。弟子達を叱られたのではなく風を叱られた。

【適用】弟子達も私達も人生で直面し、何度も慌てふためくが、そんな私達を裁かず、苦難の時に共に同じ人生の舟に乗り信仰を教えてくださる主に感謝!

主はく「思い煩うな」と言われたが、「心配などどこ吹く風という人よりも嵐に慌てふためいてしまう人の方が仰り甲斐?!があるというものだ! 感謝!

posted by kbcc at 20:34| 礼拝