2018年02月18日

2018年2月18日「複雑な問題は単純に解け」ルカ9章10-17節音声で聴く。

ルカ9:1−17 「複雑な問題は単純に解け

【序】数学のノーベル賞と言われるフィールズ賞を受賞した広中平祐氏は「複雑な現象は単純な事実の投影に過ぎない」と言い、どんな難しい数学の問題でも単純化して解いたと言われる…日常で次々と問題が出てもつれて複雑化して苦しむことがある。そんな時、勧めたい解決法は物事を「単純化」することである。どういう事か、今日の聖書の言葉から伝えたい


T.現実の問題は聖書の応用問題である

群衆キリストの説教を時間を忘れるほどきいっていたが、弟子達は群衆の食事がない事に気づきキリストに伝えた。すると主は「あなた方で何か食べるものをあげなさい」(13)と言われた。これは弟子答えを考えさせた課題であった

【適用】私達も現実に様々な問題にぶつかるが、それは降って湧いた事柄ではなく、私たちが普段読み聞聖書の応用問題なのである。つまり今までこの世の知恵だけで行動してきたあり方から、聖書による知恵によって生きるあり方を学ぶ応用問題なのである。


U問題を複雑化すると否定的な答えに縛られる

もしあなたがこの時の幹事ならどうだろう?男だけでも5千人。女子供を加えれば数万人、パンは幾ついる?お金は幾ら必要?どこで調達?文句が出ないか?…果てしなく問題が複雑化し悩むのではないか?弟子達の出した答え「五つのパンと二匹の魚のほか何もありません」(13)ヨハネ6:9では「それが何になりましょう」く。問題を複雑化すると否定的な思いに捉えられ答えが出ない弟子達の言葉が祝福をストップさせる。

【適用】皆さんの中にも「これで何ができるこんな能力のない私が何になるこんな年が行って何ができる? お金ないのにができる!そう思っている人はいないか?見た目だけの計算で無理、無理」と判断する。本当は祝福の始まりなのに出口と錯覚しているのだ


V.最高の答えは問題をキリストに握って頂く単純化にある

弟子達の考えの様にパンの数やお金の額や人数と言ったあれこれで複雑化するではなく生活の糧の鍵を一切握る神の手に委ねという単純な答えこそが最高の答えなのである→「イエスは五つのパンと二匹の魚を取り天を見上げて祝福し」(16)

その時、パンは増え数万人が満腹した。奇跡が起こったのである。

素晴らしい事はキリストは弟子達が否定的答えを出した五つのパンと二匹の魚を用いられたという事だ。同じものでも見る人によって全く結果は異なるのだ

【証】ゼロからの開拓伝道で建物もみすぼらしく条件の悪い伝道を数えて嘆いていたが、嘆きを辞めた。小学校の体育館で「塩狩峠」を上映したらと考え行動した。最初は役所の規制にかかって苦労したが、「三浦綾子友の会」を作り乗り越えた。250名集まりチャリティで寄付もできた。

結び】私たちの能力は小さいかもしれない、お金僅かかもしれない。しかしそんな私たちをそのままキリストに捧げてお使いくださいと主の手に握って頂くならば無尽蔵の祝福が始まるのだ。

posted by kbcc at 11:04| 礼拝