2018年03月11日

2018年3月11日礼拝メッセージ「一番偉い人」ルカ9章46-48節音声で聴く

ルカ9:46−48 一番偉い  

【序】開拓伝道初期に教会学校生に十戒を覚えさせようと書かせたら第戒「父と母を敬え」のところをある生徒「父と女を敬え」と答えた。間違っていると思ってその生徒に尋ねると「女の人は偉いと思って」と答えたもう既に悟りを聞いたのかと感じ瞬間だったところで今日の主題は「一番偉い人は誰か」である。学校の成績とかではなく人生を生きる上で大切な人間の在り方についてキリストが教えられたところである。


T.なぜこんな議論が始まったのか―この議論の根にあるもの

この議論は、どういう人が偉いか、という一般的な話ではなく、「自分たちの中で」の議論(46)→つまりはグループ内の競争心や妬みが根にある議論。自分が一番頑張ってる、何で彼奴がもてはやされる? 自分のが偉い筈だ」という愛とは違う方向の心だった。競争心とか妬みは自分と無関係の人との間にはない。身近な関係、時に兄妹、友人、同僚への感情「嫉妬」とは友人の幸福を祝福できない心

【星野富弘トラクト】周囲は不幸だと自分は幸福になり他人が幸福だと自分が幸福…

嫉妬心や競争心が高じるととんでもない結果を生み出す→カインの殺人も!


U.一番偉い人とは誰か

「あなたがたの中で一番小さい者が一番偉いのです」(48)では「赤ちゃん」か?否!

この意味は「最も謙遜な者が本当は最も偉大な者となるのだ」(LB訳)

アウグスチヌス「クリスチャンの徳の中で最も素晴らしい謙遜だと言った

【適用】私達は謙遜が大事だと思っても、それだけでは損をすると思っているところがある。我々関西人の腰の低さも商売上の話であって、相手が同じ様に腰が低いといいが、相手が大きな態度に出ると「何を!こっちが下手に出ればいい気になって!」とむきになって怒りだす。→謙遜の演技!本物ではない。

聖書に学ぶ真の謙遜とは何か

  @面子や立場を捨てて真理に従える心(間違ったことに気づいたら素直に謝る)

A人格に対する尊敬―相手の身分や職業で態度が変わったりしない。人間として尊敬する。

B成功や出世に自惚れず、神と人との愛顧があればこその事と知っている。


V.競争心や嫉妬心の克服の仕方

競争心や嫉妬心の中にある人は二つの点で誤りをしている。

 1.自分を誤って価値づけているー自分が世界の中心であって自分こそ恵まれ愛され注目されなければならないと錯覚。そうではない。あなたも私も罪深い弱い罪人。他人ではなくジッと自分を見つめる時哀れな罪人である。

 2.そんな自分を神が愛しておられることが解らない事人ばかり相手にして神を見上げないために妬みや競争心で地獄の苦しみを味わう。十字架

  「神は御自分の聖徒を特別に扱われる」(詩篇4:3)


posted by kbcc at 14:57| 礼拝