2018年05月28日

2018年5月27日礼拝メッセージ「大丈夫!の福音」-涙の谷を過ぎるとも-詩篇84章5-7節 音声で聴く。

詩篇84:5―7     「大丈夫!の福音」-涙の谷を過ぎるともー     18/5.27

【序】今日のような主題を付けると「そんなこと言ったって、行きたい学校や会社にも行けず、病や挫折もしたし、大丈夫!なんて言えないのではないか?と思われるかもしれない。でも「涙の谷を通るとも大丈夫」なのだという聖書のメッセージお伝えしたい。


T.涙の谷を通る時に避けるべき生き方

涙の谷を歩んでいるとき、人は色々と間違った理由付けを聞かされる。

「悪い星のもとに生まれたから」「過去の失敗の所為でそうなった」とか…それで心が暗くなって前向きに生きれない思いになり易い。でも以下の生き方は避けるべき!

1.良かった探しができなくなること

悲しみ経験が大きいから、それを受容できない時がある。しかし、どんな辛い経験にも感謝すべき事がある筈だ。

    【例】長野県の湯治場「無くなったものを数えるな。有るものを憶えよ」

2.当たらぬ言い訳に終始する生き方

イソップに出てくる狐の様に、手の届かない葡萄を「あれは酸っぱい葡萄」と決めつけて、取る努力をしない生き方。しかし言い訳ばかりでは正しい自己反省も新しい力も得られない。

 3.恨みで生きる生き方

   この不幸をもたらしたのはあの人、環境、神様にある、と恨んで生きている。恨みからは何ものも良いものは生まれない。

U.涙の谷を通る本当の理由

では私たちが涙の谷を通る本当の理由を聖書は語る。

「そこを泉の湧くところとします」(6)

「そこを」=涙の谷そのもの。「そこを泉の湧くところとします」

つまり、あなたが涙の谷を通った或いは通っている理由は「泉の湧く生涯への招き」だったのだ。神の御心は、涙が癒されるだけではなく、その経験を通して、あなたを通して周りの人に泉が湧き上がる様な経験に導く事にある。

V.泉が湧く生涯の秘訣

ではどうしたらそんな泉の湧く生涯へて導かれる事ができるのか?それは悲しみにも負けないという条件だろうか?或いはタフで不屈の精神の持ち主が条件だろうか?違うのだ!聖書は一つだけその秘訣を教えている→「何と幸いなことでしょう。その力があなたにあり、その力があなた(神)にありその心がシオンへの大路にある人」(5)

「シオン」とは神を礼拝する神殿があった丘のこと。つまり特別な人に泉が湧くのではなく、悲しみがあるかもしれないが、それでもそんな中でも神への礼拝の道を淡々と歩む人の中に泉が湧く事を約束しているのだ。

posted by kbcc at 19:12| 礼拝