2018年06月11日

2018年6月10日礼拝メッセージ「祟りはあるのか」ルカ13章1-5節 音声で聴く。


ルカ13:1−5         「祟りはあるのか」          18/6.10

【序】日本は非常に祟りを恐れる国である。縁起を担ぐのも冠婚葬祭の日取りを選ぶのも病院で4号室、9号室を作らないのも根には祟りを恐れる思想がある。又弱みに付け込んでお金を求める悪徳宗教もある。ある人が不幸が重なり霊能者に「悪い霊が憑りついている。お祓いをしてあげるから○○万円持ってきなさい」と言われたそうだ。これは一種の脅しだ。この様に悪い事があった場合、何かの祟り、因果応報とか、或いはクリスチャンでも自分は罪深いからこんな事が起こったのではないか、と悩む方もおられる。いったい祟りはあるのか?聖書のメッセージを聞いて頂きたいと思う。


T.祟り思想の実態

総督ピラトがガリラヤ人を殺して、その血を祭壇の生贄に混ぜた事件で、殺された人々は他の人より罪深かったのではないか()、また塔が倒れて亡くなった人たちは他の人より罪深かったのではないか()、と当時の人々は考えた。こういう思想は昔も今もイスラエルにも日本にも根強く残っている。     

         【例】1.三浦綾子さんはカリエスで療養中ある宗教の伝道師に「肺結核と癩病は天刑病で神が与えた

              罰、即ちハイと素直に返事しなかったから。顔にある痣は前世で夫の顔を踏みつけたから」

と言われ非常に心を傷つけられた。

    2.横田めぐみさんが拉致された時、母早紀江さんに宗教の勧誘「子供は親の鏡。子は親の全てを表す。新聞を騒がす事件が起きるのは、先祖の因果応報」と責められ涙す…

U.主イエスの答え

「そうではない」()「そうではない」()と二度も強く否定し、祟り思想、因果応報思想を一蹴された。聖書が祟りを否定する二つの理由:

1.   十字架で主イエス御自身が人類の罪の呪いを一切を引き受けて下さった

確かに罪は裁かれねばならない。しかし何度も罪を犯し続ける弱さを持つ人間のためにキリスト御自身がその裁きと呪いを私たちに代わって受けてくださった。十字架はそのためである→ガラテヤ3:13 だから呪い祟りは終わったのだ!

 2.神が災いを祝福に変えてくださる

ヨハネ9:1-3「神の業が現れる為」=神を信じて生きる素晴らしさがその人に現れる、との意味。主イエスは、自分には何の責任もない生来の盲目の人に、因果応報の思想を完全否定されただけではなく、かえって、そのハンディを通して神の業が現れる道を示された。∴【証】新垣勉さん…生まれて間もなく助産婦の間違いで家畜に使う点眼薬を投与され失明、更に1歳の時、ラテン系アメリカ人の父と日本人の母離婚。母は彼を祖母に預けて再婚。大きくなったら両親を殺して自分も死ぬと決意する。唯一の慰めは歌うこと。14歳の時ラジオから流れてくる讃美歌に惹かれも教会に行き牧師に思いのたけを語る。やがて信仰を持ち、新しく生き始め盲学校、西南大学に学ぶ。そこで世界的ボイストレーナーのバランドーニ師に「あなたは日本人離れした天性の明るい声をもっている、きっとお父さんのおかげだね、感謝すべきだよ」憎しみが消え去った瞬間だった。

V.だから悔い改めよ(3,5)

「悔い改め」で誤解があるのは「悪い行い」を改めると理解されている事で、それは聖書では「悔い改めにふさわしい実を結ぶ」であり、「悔い改め」とは思いを変えること

【適用】→神無しの考えから神がおられる考えに。キリストは単なる宗教家という考えから神の御子救い主という考えに。自分には罪はないという考えから自分も救われねばならない罪人であるという考えに。禍は祟りだという考えから神の御業に変えられるという考えに変えられていく事である。


posted by kbcc at 14:31| 礼拝