2018年07月30日

2018年7月29日礼拝メッセージ「あなたは高価で尊い」ルカ15章8-10節 音声で聴く。

ルカ15:8−10      「あなたは高価で尊い」         18.7.29

【序小学1年生の詩「先生、あのね、お母さんの宝物は僕だって。お母さんの宝物は絶対指輪だと思っていたけど、指輪は二番目だった。僕、宝物になっちゃって困るよ。宝物ってはめたり付けたり掛けたりするものなのに。でも何か良い気分。僕は外へ出て走り回ったよ」この様に誰かから宝物と思われるなら大人でも子供でも嬉しくなるが、現実は逆で酷い扱いを受けたりする。そこでキリストが話されたこの譬え話の持つ三つのメッセージを伝えたい。


T.あなたは死ぬまで高価で尊い

キリストは人間のことを様々な譬えを使って話しておられるが、最も多く使われたのは「羊」であるが、その他にも「葡萄」や「無花果」に喩えられたが、それらに共通しているのは「生きているもの」である。しかし一つだけ命の無いものに譬えらえた話がある。それが今日出てくる「お金」である。なぜキリストは人間をお金に喩えられたのか?それは「物」は(車でもPCでも)時間と共に価値が無くなるのに対して、お金はどんなに古くなってもヨレヨレになっても価値は変わらない。同様に神はあなたが年老いてもボロボロになったとしてもあなたを造られた神はあなたの中に変わらない尊い価値を埋め込まれているのである。


U.あなたを失うのは世界を失う事である

この銀貨はたまたま10枚あったというのではない。10枚の銀貨は、母から娘に伝

えられるもので、その10枚をワンセットにして鎖でつなぎ、髪飾りにする貴重なも

のだった。つまり、その一枚を失くすというのは、飾り物としては使えなくなる程

の大切な一枚であった。「あなたはわたしの目に高価で尊い。わたしはあなたを愛し

ている…国民をあなたのいのちの代わりにする」(イザヤ43:4にという様に、あ

なたという存在は国民を失うのと同等の価値をもつ程大切な存在なのだ。

【証】400年前キリシタンの宣教師が来日した時聖書を日本語に訳す作業をしたが、「神はあなたを愛している」をどう訳すか苦心した。当時愛という言葉は男女の愛を意味していたからである。それで宣教師は「あなたはデウス()の御大切」と訳した。これは名訳!「愛」=大切で

す。神はあなたを愛してる=神はあなたを大切に思っている。私達はよく「元気が

出る、出ない」と表現するが、あなたがたその環境で大切にされている時、あなた

に元気が出てくるのであり、あなたがその環境で大切にされていない時、元気が出

てこなくなるのである。故に「大切にして下さる」存在を発見するというのは極め

て幸せな発見である。


V.あなたを必死に探す神の愛がある

日本では神は神社に鎮座ましましており、その神に人間が近づいて願掛けをするのであって、聖書の話とは真逆である。真の神は神の方から失われた人を見い出すために探し求めて下さるのだ。失われた銀貨は我々人間である。あなたを探し求める神の姿がここにある。【証】中国人画家の描いた「放蕩息子」の絵…ルンペン風の息子が帰ってきたのを走り迎え抱きかかえる老いた父の姿だが、よく見ると履物が草履と靴というちぐはぐ!

posted by kbcc at 20:07| 礼拝