2018年08月26日

2018年8月26日礼拝メッセージ 「あなたを救う素晴らしい福音」Tコリント15章1-2節 中西正夫音声で聴く。

Tコリント15:1,2  「あなたを救う素晴らしい福音」  18.8.26

【序】今日の箇所に「この福音によって救われる」と聖書自身が語っているが、この福音はキリストが2千年前に成しとげられたのであるが、驚かされるのは2千年前の出来事なのに現代の人々の悩みに答える内容をもっている事である

  

T.あるがままのあなたを愛する福音

人間って本当はあるがままで愛され受け入れてほしいのだ。それが可能な時代は赤ちゃんの時代。文句なくあるがままで愛される存在である。お金があるからでもなく、将来活躍するからというのでもない。ただこの家に生まれてくれたという存在そのものの喜びである。しかし子供が学校に上がるようになるとそうは行かない。やれ成績だ、能力だ、ルックスだとプラスαで愛や価値が決まってしまう。それがないと落ちこぼれというレッテルも貼られる。社会人になると今度は給料や地位に関わる成績で一喜一憂、勝ち組、負け組で戦々恐々の世界である。だから現代多くの人が人間関係でノイローゼにな。しかしここにこの現代に救いをもたらす福音がある。「わたしの目にはあなたは高価で尊い、わたしはあなたを愛している」(イザヤ43;4)あるがままのあなたを愛する神の、十字架の愛!


U.真に生きる目的をもたらす福音

    人は自分のしていることに意味や目的がなければ生きていけない。幼い時は意味や目的

が無くても楽しければそれでいいが、大人はそうは行かない。

【例】私が○○さんに声をかけ「昔遊んだ滑り台でもしますか」と誘う。「いいなあ声が上ずっている順番を決め。おもむろに滑る。感激というがするすると○○さん突然スーパーマンの格好で前すべり…こんなことを一日中していたら、きっと疑われるに違いない。子供にはできても大人にはできない、何の為にと考えるとできなくなるのだ。

人は正しい意義のある目的のために生きたいのだ。ではそれは何か?仕事をするため?

そうなら元々仕事ができない人には生きる目的がないといいう事になる。有るのは目先

の目的ではないか?聖書によれば人間の生きる目的は「神と人を愛する事」(マタイ22:37-40

福音はこの目的を指し示すのだ!


V.将来の不安を取り除く福音

 自分の将来に不安を感じている人は多いある集会「神があなたの未来を見せてあげようとしたら見たいか?」ほとんどは見たくない、と答えた。もし大変な問題があるなら不安で対処できないからだが、どうだろう?もしその問題が身に降りかかっても決して自分を破壊しないという世界が分かれば大丈夫!そんな世界があるのか?あるここに素晴らしい聖書の福音の希望がある。ローマ8:28万事を益とする神がおられるのだ


W.最大の不安である死に打ち勝つ福音

健康の不安は強烈。その先に敗北しかない死があると思うからだ。

【例】「ついに行く道とはかねて聞きしかど、昨日今日とは思はざりけり」(在原業平)

「今よりは何にか頼まん方もなし教えて給へ後の世のこと」(良寛)

しかし人類最大の不安に勝利する道が与えられた→キリストの復活である(3,4)それは妄想でもなく、上手く考えた作り話でもない。キリストは文字通り死に打ち勝ち復活されたのだ。弟子達の殉教と、2千年の信者の証言から裏打ちされた永遠の希望なのである。キリストこそ死に打ち勝ち永遠の命を与えて下さるお方 福音を受け入れませんか?


posted by kbcc at 15:12| 礼拝