2018年09月10日

2018年9月9日礼拝メッセージ「山が動く」ルカ17章5,6節 音声で聴く。

「山が動く」ルカ17章5,6節

【序】人生で直面する問題の「山」が動いてほしいと思うことないだろうか。昔の弟子達もそんな「山」が動いてほしいと思い、キリストに尋ねた。今日はどうしたら動かぬ山」が動くのか、又「山」が動くとはどんなことなのか、メッセージしたい。


T.問題の「山」が動かないのは信仰が弱いからではない

弟子達はキリストに言った「信仰を増してください」(5)

マタイ17章に同じ記事が詳しく書かれ説教題もそこからの方が日本人にぴったりかと思い取ったが、弟子達が主に尋ねたいきさつが書いてある。我が子の病気で悩む父親に弟子達は何の助けも与えられなかったが、キリストが癒されるのを見て、弟子達が後で、その癒しの原動力は信仰の強化にあると考え「信仰を増してください」と求めた今日なら聖書をもっと読み、もっと祈り、もっと熱心であればが山が動くのではないかと考えるのと同じしかしキリストの答えは意外だった→「からし種ほどの信仰があれば…」(6)からし種は粒のような種量ではないのだ、質なのだ。ではからし種の信仰とは?


U.難題の「山」を動かすからし種ほどの信仰とは何か

「からし種ほどの信仰があったら…」(6)

からし種の信仰とは視点を変える事「山」から目を移し、「神」に目を移すこと。

私たちは「問題の山」が目の前に迫ると、「山」を見て圧倒され、恐れてしまう。しかし山が如何に大きくても、あなたを支配するのは山ではない。あなたを支配するのはあなた造られ山さえ動かす全能の愛の神なのだ。信仰とは山ではなく神に目を移す事である。僅かでもいい、向きを変えることだ。能面でも少しでも向きを変えると表情が全く違うように状況が変わってくる。

 【証】8月31日病床洗礼を受けられた吉宗博兄はキリスト教を拒絶してこられたが私の訪問を受け入れるとの返事。肺がんで危篤状態との連絡を受け病院に着いた時は全く返事も反応もない。1時間呼びかけ続けても変化はない。この「動かぬ山」に支配されそうになったが、視点を変えて神に目を注ぐ、その繰り返しであったが、僅かな信仰でも神はそのからし種の信仰を顧み、信仰告白と洗礼に導かれた。


V.「山」が動くとはどんな事か

1.「山」自体が動く文字通り問題の山が動いて解決が起こる。

【証】ナイロビの婦人…夫が死に生活にも困り始めた。山を相続したが畑をしようにも土の下は岩盤で農作に適しさない「山」を売るにも畑に適しない山は売れない。そんな時、教会で今日の山が動く話を聞いた。そこで毎日山の前で畑地になるよう祈ったが何も起こらない。そんな時政府役人が来てこの近くに高速道路を作りたいが、あなたのの下にアスファルトがあるのが分かった。4百万ドルで、売ってほしい」山が掘削されアスファルトが取り出され、土だけになったところで固い山地が畑になった。「山」が文字通り動いたのである。

2.「心の山」が動く支配されている様に思える「山」が平地に見える

【証】ニューヨークリハビリセンターの壁にある詩…次頁参照

大事を成そうとして力を与えてほしいと神に求めたのに、

慎み深く、従順であるようにと弱さを授かった。

より偉大なことができるように健康を求めたのに
よりよきことができるようにと病弱を与えられた。

幸せになろうとして富を求めたのに、
賢明であるようにと貧困を授かった。

世の人々の賞賛を得ようとして、権力を求めたのに、
神の前にひざまずくようにと弱さを授かった。

人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのに、
あらゆることを喜べるように命を授かった。

求めたものは一つとして与えられなかったが、
願いはすべて聞き届けられた。

神の意にそわぬ者であるにもかかわらず、
心の中の言い表せない祈りはすべてかなえられた。

私はあらゆる人の中で最も豊かに祝福されたのだ。
        

(訳者不明)

posted by kbcc at 02:22| 礼拝