2018年09月23日

2018年9月23日礼拝メッセージ 「苦難の奥義」申命記8章2、3、16節 中西正夫音声で聴く。

申命記8:2、3、16「苦難の奥義」     

【序】多くの方から「まじめに生きているのになぜ苦しみがあるのか?」「悪い事をしていないのになぜ災害を被るのか」と聞いてきた。これは古今東西多くの人が直面してきた苦難の問題である。「苦難の奥義」と題してメッセージしたい


T.誰が苦しめるのか

「主はあなたを苦しめて」(3)と語る。この意味は神がいじわるで人を苦しめるというのではない。神は愛である。これは人間の苦しみの全責任を取る神の強い意志の言葉。苦難にある人が人や環境しか見ないなら、不運を嘆き恨みしか出てこない。大切なのは悪でさえ益に変えられる愛の神に目を注ぎなさいという事だ。その時苦難の奥義が三つ語られる。


U.苦難の奥義

 1.「あなたの心の内を知るため」(2)

人は順調な時、自分の知識や経験に頼り、お金や健康にも気を遣いあれもこれもあると思って安心を得ようとするが、苦難の時、それが大した力にならない事を知らされる。【例】狐と猫の会話(イソップ)…狐「お前は幾つ逃れ場を持っている?」猫「たった一つだよ。木の上!」「そんなことでどうする、俺はここにもあそこにも幾つも持っている」そのとき猟銃が聞こえた。猫は一目散に木の上にかけ上った。ホッとして木の上から見下ろすと、狐が猟犬にやられていた。「あれ程逃れ場があるのに、どうして

狐はどの逃れ場にするか迷ったのだ。幾つも逃れ場があるのはどれにも確信が持てないからではないか。あなたは

2.「神の言葉によって生きるため」(3)

苦難には目的がある→神の言葉によって生きる事。神に造られた人間が神の言葉によ

って生きることそれが人が苦難に会う最大の目的なのだ。真に支えを得るためだ

【証】健康には自信があり仕事もバリバリできたビジネスマンがいた。しかし仕事中に意識

 不明で倒れた、心筋梗塞だった。10年間風邪ひとつひかないと健康に自信があったが…何とか一命は取り留めたが前のようにバリバリ働けない。やがて社長から退職を迫られた。悶々とする日々病院でラジオのキリスト教番組を聞き、通信講座も始めた。私と会いた時は聖書の半分くらいまで読んでおられた。そして言われた「仕事も健康も当てになりませんね。病気になったは辛いでしたが健康な時には得られなかった人生の支えと安らぎを聖書に見出して私は本当に嬉しく思っています」

3.「ついにはあなたを幸せにするため」(16)

【証】高3の私の心は虚しさで一杯だった。夏休みに交通事故に遭い二学期も少し休み、父の事業が倒産。

母親はクリーニング店の取次の仕事。やくざの取り立てに恐怖の中にあったしかし私は父の悲しみ悔し

さに同情するよりも、自分がこの受験期に歯止めがかかる不運を嘆く身勝手さに気もつかないエゴイス

トだった。確かに自分の家という小さな環境ではあったが苦難に打ちのめされていたが、その苦難を通

して父も信仰を持ち母と主の祈りをもって一日を始めるに至り、私は天職と思える牧師への道が開かれ

た事を思えば、「ついには幸せにする」は本当だった。

【証もっと名のある人物の事を証するなら、あのリンカーン大統領は、幼い時母と死に別れ、少年期に父がインディアンに殺され、青年期に婚約者が溺死し、成人してから選挙に打って出たが6も落選したかし最後に打って出た大統領選挙で奇跡的に当選、奴隷解放で世界的に有名な指導者になった。ついには幸せにする」は真実だった!彼は言う「聖書こそ神が人類に与えて下さった最も素晴らしい贈り物であると信じています。世界の救い主キリストを通して与えられるすべての良い物は聖書を通して私たちに明らかにされています」


posted by kbcc at 12:53| 礼拝