2018年09月30日

2018年9月30日礼拝メッセージ後藤献四郎伝道師「私が知らなくても」詩篇1391-24音声で聴く。 

「私が知らなくても」詩篇1391-24 後藤伝道師説教



詩篇139篇(1-24節)          「私が知らなくても」           2018年9月30日


【導入】試練が続くと心が萎える。誰も私を顧みてくれない→No! あなたを見ている方がいる。語りたい。


T神はを知っている


著者はダビデ。詩の背景は不明だが、彼は敵に狙われていた。しかし神に感謝し、賛美を歌っている。

2〜3「私の座るのも立つのも…」一挙手一投足を知っている生活の細部まで関心を持ち、見守って下さる

4言葉が私の舌に上る前に…」→神は私の心を見抜き、私の思いも、考えていることも全て知っている(2)


Qなぜそんなにご存知13節が答え。A神が私の作者だからだ。作品のことは、作者が最もよく知っている。【例】@指紋、顔、声 A血管の長さ Bその他偶然では説明不可人体を見れば、私が神の作品と分かる。神の知恵、センス、配慮が行き届いている。×「を一番知るのは→全てをご存知でも不思議ではない。


【適用】神はのことも知っている。私は神を知らないかもしれないが、神は、長所も欠点も全てを知った上で、なお受け入れ、愛して下さる。あなたが直面している課題も、気持ちも、誰よりも分かっていて下さる。


U.神はに計画を持っている


理解者の存在は心強い。しかし、現実は厳しい。味方がいても、現実は変化しない。どう向き合えば良いか?

16には驚く!ダビデ「@神はのために計画を立てている。A1日1日のスケジュールを用意しておられ。B誕生前に全て書き記されてい計画用意している誕生前母が身ごもる遥か前から)。それは祝福の計画だ(×祝福ばかり。→試練もまた、少なからず含まれている)


ダビデはご計画を砂に例え(17-18a全て知るは不可能及びもつかない」と。しかし、ダビデは言う(18b理解できなくても、眠ることは可人には一部しか分からない。しかし、神を信頼できる、と。


【適用】全ての意味知ること不可わからないことが多い。しかし、なお信頼し、信じることは可!

【証】紫音香さん刺繍例え現在、活躍中。例え理解できなくても、最善のご計画信じて歩みたい


V神はを導いて下さる


23-24節は有名。賛美もある。ところで、23節に疑問を感じる。1節と矛盾しているのではないか?

当時、ダビデは神を侮辱する敵に狙われていた。「私の気持ちを分かってほしいと願った。→よくわかる話だ。


しかし、ダビデのの願いは、自分を知ってもらうことではなかった。それ以上があった→24節。

⦿傷のついた道:神を悲しませる思い。罪。⦿とこしえの道:永遠の命に至る正しい生き方神よ。私はあなたが願われる正しい道を歩みたい。だから、私の知らない罪があれば、それを示して下さい調べ、私の心を探って下さい理解されること以上に、御心を知り、それに従う生き方を強く願った


【適用】自分も知らない、自覚のない罪があるかもしれない。しかし神は、全てをご存知の上私を受け入れ、祝福の計画を立て、変更されることはない。ダビデの祈りを、私の祈りとしよう。正しい道へ導いて頂こう。

posted by kbcc at 11:04| 礼拝