2018年10月16日

2018年10月14日礼拝メッセージ「大いなる出会い」ルカ18:35−43音声で聴く。   

【序】あなたはどんな人と出会いたいか?もしその出会いが生涯忘れられない救いを与える出会いならどんな嬉しいことだろう。今日出てくる人物は低いセルフイメージで生かされてきた人であるが、そんな人がキリストに出会い大きく人生が変えられていく。「大いなる救い」と題してメッセージしたい


Tバルテマイの環境 

エリコの町の門前に生まれつき盲人が物乞いをしていた。ルカ伝では名前が書かれてないがマルコ10:46では「バルテマイ」とあるしかしこの名前は変な名前だ意味は「テマイの息子(バル)」。つまり親は子が盲目だからと言う理由で名前を付けず、親の名前を使って「テマイの息子」と呼んでいた。自分の名前を付けてもらえないのだ。障害も大きな悩みだが、それ以上に自分の存在に価値を見いだせないことほど生きる力を失わせるものはない。価値を与えられない環境は生きる意味を失わせるのだ。ここに彼の深い苦悩と絶望がある

【例】最も残酷な漫画が日米にある

チャーリーブラウンが友人ライナスに呟く「出版社から原稿不採用だ」「どんな作家もそれを経験してるよ」

「そうじゃないんだ、原稿送る前に不採用通知が来るんだ、君では力不足だ」と。

  ○「ドラえもん」 ジャイアンのセリフ「のび太のくせに生意気だぞ!」

【適用】現代の傾向として親は子供を「甘やかしすぎ」か「ガミガミ叱る」のどちらかになり易い。親の務めは三つ@善悪の基準を教えるA存在自体に価値を与えるB神と人を愛するという目標に生かす事


U.バルテマイの出会い

しかしそんな彼の置かれた道をあるお方通られるという。彼は尋ねた「一体何事ですか?」(36)「ナザレのイエスが通られる」(37)それは彼に期待を抱かせた→盲人に光を、死人は甦り、嵐を静め、闇の中にある者に生きる力を与えるイエスという方。彼の前をイエスが通る。心は弾んだ。変われるかもしれない

【適用】どんな人も人生のどこかで素晴らしい出会いを経験するチャンスがある。現在他人から強いられた人生に見える時かもしれないが、あなたの苦悩を知られるキリストはあなたを祝福しようと出会われる。あなたも今教会に導かれたということ自体神との出会いに導かれている!


V.バルテマイの救いー救いと願い実現の道

@願いの対象を明確にする事―キリストへの信仰「ダビデの子よ」(39)救い主

  【適用】求道者の方よ、要はキリストがあなたにとってどういう方かが分かる事だ。

A明確に言葉で言い表す「私に何をしてほしいのか」主は御存知だが敢えて尋ねられる

「主よ。見えるようになる事です」(41言葉で明確に表した時心と体の闇が開眼した。

【適用】ある人は救いを願っていても、その思いをイエスに表さないで、心の中にしまったままではないか?願っているだけでは何も起こらない。主はあなたが自分の思いを直接表現して求めてくる事を願っておられる。

posted by kbcc at 01:50| 礼拝