2018年10月28日

2018年10月28日礼拝メッセージ 「人生の嵐に悩む時」マルコ4章35−41節音声で聴く。   

「人生の嵐に悩む時」マルコ4章35−41節

【序】人生、スイスイと行ってほしいが、現実は様々な嵐が起こる。健康の事、家族の事、人間関係、経済の事…そんな時不安に襲われる今日の聖書はそのような嵐の時に知るべき三つの真理があると教えている伝えたい。


T.自分のが通用しない嵐がある

キリストの弟子達は漁師であり湖のプロであったが、その湖で嵐に会いキリストに「どうしてそんなに怖がるのか」(40)と言われた程パニックになった。私達も経験を積んだ環境なのに自分の知恵や力が通用しない人生の嵐を経験する。

【適用】世には神様なんか信じなくても自分の知識、経験で何とかやっていけると語る自信家がいるが、それは自分の力で何とかできる範囲の嵐しか経験してこなかっただけ。しかし人はローソクの火の上に1分と手を置いておけない無力の存在。自然の嵐にも怯えるものだが、心の嵐―憎しみ、妬み、怒りを鎮める事さえできない存在。ましてや死がひたひた寄ってくる時、自分に頼れるか?だから強がる事をやめよう。素晴らしい事に、恐れの時は、今までの力とは別の新しい神の力を知る時なのだ。なので神はその祝福に導こうとされている


U.人生の嵐の時してはいけない事がある

1.自分で運命を決めてしまう事

世の嵐に囲まれる時の悪い考えは自分の将来を勝手にもうダメと決めてしまう事。「私達が溺れて死にそう」(38)と断定しているが、そうではない。人間の未来を決定するのは神なのだ。適用自分ダメだと劣等感に陥り未来は開けないと悩む時があるが、ダメかダメでないかを決めるのは自分ではなく自分を造られた神なのだ。ダメなら神があなたをその嵐を通らせない筈。意味がある。

2.僻む事

嵐の中で弟子達は「何とも思われないのですか」(38)と僻んだ言葉を語っている。

キリストが知らんぷりをしていると間違って思っているのだ。僻みとは一種の誤解なのだ。嵐の時、誰がいなくても神がおられるのに誰もわかってくれないという僻み。聖書のマルタもそうだったがこれは攻撃的な心を作ってしまう。


V.嵐を沈めるお方がいる事を知る

「黙れ。静まれ。すると風は止み大凪になった」(39)

私達は人生の嵐を沈める力はなく慌てふためくばかりだが、感謝な事キリストは天地創造された神の御子である方だから、その手の作品である自然を支配できるお方しかも私たちの人生に同船し「嵐」を沈めてくださる!

【適用】私は人生の嵐の時、神に信頼できないで、悪い結果になったらどうしようとひとり孤独で悩みやすい。しかし覚えたいことは、私たちの未来がどん底になるような事態になり一人ぼっちになるように思えた時でさえ、下支えして下さる神様がおられるという事だ。申命記33:27「昔よりの神は済む家、永遠の腕が下に」

【結び】心配性の方への励まし…主は「思い煩うな」と言われたが中々そうできない。何度も委ねた積もりが又煩い。自分は小さな信仰だと嘆く。しかし主にしてみれば心配などどこ吹く風という人よりも、心配ばかりする私たちの方が「よし分かった!任せなさい」と仰り甲斐があるだろう!

posted by kbcc at 21:18| 礼拝