2018年11月20日

2018年11月18日礼拝メッセージ 「人間ミナ平等」ルカ19章12−23節音声で聴く。

ルカ19:11−23        「人間ミナ平等」         18.11.18

【序】地球に73億もの人が住んでいるが、二人と同じ人はいない。私達は個性的にユニークに造られている。しかし私達はとかく人と比較して能力不足だとか、あれがあればと嘆き自信喪失や劣等感に悩まされている。今日のメッセージを通して励ましを得たいと思う。


T.ルカ伝とマタイ伝の違いの意味

この譬え話はマタイ25章でも似た話が出てくる。ただ違うのは預けられたものがそれぞれ5タラント、2タラント、1タラントと違うのに対して、ルカ伝では与えられたものは等しくみな1ミナである。この違いはどういう事か?

○マタイ伝―個性も含めそれぞれ能力が異なる姿を現している。例:勉強が得意な人

  と苦手な人、芸術が得意な人と苦手な人、運動が得意な人苦手な人。それぞれに差

があるのは現実。マタイ伝ではその預けられたものの違いを端的に表している。

○ルカ伝―みな1ミナである。これは人間としては等しく価値が同じであることが

  強調されている。聖書で言えば大祭司であれ、律法学者であれ、取税人であれ、

  差別された癩病人であれ盲人であれ皆等しい価値をもっている。

※唯この世では能力が有る者の方がより価値がある人間であるかの様に扱われ易い。又価値が平等といっても何をもってそう言えるのかを知る必要がある。


U.神の前に自分の価値を見出す場所はどこか

教会で皆さんが大事にしてくれる、それもあるだろう。又自分が教会で活躍できる奉仕がある、それもあるかも知れない。しかしそれは最大の自分の価値を見出す場所ではない。自分の価値を最大に見出す場所、それは十字架である―神の御子があなたの為なら身代わりに罪の裁きを受けてもこの命は惜しくはないとして十字架で死んでくださる程、あなたは愛の対象になっている。十字架こそあなたの最高の価値を見出す場所なのだ。→「私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです」(Tヨハネ4:10

V.人の働きに対する神の評価は何か

「忠実さ」こそ神の評価基準! この世では幾ら成績を上げたか、幾ら儲けたか、が評価されるが→聖書では「儲けた額よりも忠実だったかどうか」である。

【適用】私たちは人と比較して「これがないとか、あれが有ったら」と悔やみ易い。しかし星野富弘氏が11月5日に福音功労章を授与されたがそのスピーチで「私は身体の機能を失って、できることは全てなくなったと思っていたが、神様は私に素晴らしいものを与えて下さった。口に筆を加えて絵をかくなんて想像さえしなかった。私の描いたものを目にして下さった方が少しでも神様の事を感じて下さったらこんな嬉しいことはありません」

「競争は足の早い人のものではなく…全ての人が時と機会に出会うから」(伝道9:11だから自分は才能がないとか自分は恵まれない、と嘆かないで、チャンスは等しく与えられていることを感謝して召されるまで進んで頂きたい。

posted by kbcc at 10:36| 礼拝