2018年11月27日

2018年11月25日礼拝メッセージ 「世界幸福度ランキグ54位の日本」詩篇16章6-9節音声で聴く。

詩篇16:6―9    「世界幸福度ランキング54位の日本」    18/11.25 

【序】2018年世界幸福度ランキングで日本は54位で昨年より三つ下がった。G7では最下位。日本は世界第3位の経済大国で物質的には恵まれていても、幸福の実感がないという人が多い。そこで今日は少しでもその実感を持てるようになればと願いつつ幸福についてメッセージしたい。

T.幸福の秘訣

ダビデは6節で「測り縄は私の好む所に落ちた、まことに私への素晴らしい譲りの地だ」(6と自分の置かれた環境を好ましいと受け止めた幸せを語っている。これこそ幸せな人生である。もし幸せな仕事人生を送りたければ、自分の職場を好きになることだ。不幸な仕事人生を生きたいなら自分の職場を嫌いになることだ。幸せな家庭生活を送りたければ、自分の家族を好きになることだ。不幸な家庭生活を送りたければ家族を嫌いになることだ、幸福な信仰生活を送りたければ教会を好きになることだ。不幸な信仰生活を送りたければ教会を嫌いになることだ。幸福の実際的秘訣は環境の受容によるのだ。

U.悪環境を受け入れたダビデ

こう言うとある人は「そうだろうけれど、私の環境は全く悪い環境だ。それにこの詩篇の作者のダビデも王様だから、好きな環境と言えたのではないか?」と言われるかもしれない。しかし違うのである!【詩篇の背景】を見てみよう。

@この詩篇16篇はTサムエル26章が背景になっていて、ダビデが主君サウル王に仕えていた時代。王から妬まれ命さえ狙われて洞窟に逃げ込み、そこでの祈りが→1節。「神よ、私をお守り下さい」→最悪環境だった!  

Aしかしダビデが心を鎮め祈って示された事は→今はサウル王に追われて命の危機にあるが、かつて預言者サムエルから「あなたは次の王になる」と油注がれたことを思い巡らした。その時、今は命の危機にあるが、信仰的立場に立てば、必ず守られるであろう。更にこの悪い状況さえ将来のために良い訓練、糧になるだろうと受け入れることができたのである。その信仰に立った時→測り縄は私の好む所に落ちた。真に私への素晴らしい譲りの地(6)感謝したのであった。

V.自分の環境を良い環境と思えない、と言う方への励まし

【証】教団の教職セミナーで、あるベテラン牧師が新任教職者達に「あなたが働くこの教団は日本で一番良い教団です」と言った。すると「いろいろ問題もあるではないですか。どういう訳で?」「わかりません」「それなら日本一なんて言えないのでは!」「いやそう信じているんです」これは名答である!私達が置かれた環境が完全かどうかは問題ではない。大切な事は、「そう信じていくこと」なのだ。→8節「私はいつも私の前に主を置いた。主が私の右におられるので私は揺るぐことがない」 神があなたを訳あって今の環境に置かれたのだ。間違いをされない神があなたをそこで祝福するために置かれたのだ。そう信じる信仰が幸福につながる。

posted by kbcc at 14:06| 礼拝