2018年12月10日

2018年12月9日礼拝メッセージ 「恐れることはない」ルカ2章8-12節音声で聴く。

ルカ2:8−12        「恐れることはない」         12/12.9

【序】今日の主題は「恐れることはない」だが、人の一生で「恐れ」を知らない時代は赤ちゃん時代位なもので、一人歩きし始めるようになると途端に怖いものに出会い、それ以後の人生は「恐れ」の連続!いじめ、人の顔色、仕事、生活の心配、家族の事、病気、そして死…最後まで恐れに囲まれる。∴ぜひ聖書の言葉を聞いて頂きたい。

T.恐れとは何か

10節で主の御使いが羊飼いたちに「恐れる事はありません」と語った。それは超常現象に遭遇したから恐れたと考えるなら、それは些か浅い見方である。恐れとは、もっと人間の根源的問題を含んでいる。

「恐れとは、その問題が実際の問題以上に大きく見え、それに圧倒されて自分が飲み込まれそうな状態である」(チャールズ・スインドル)

  例:病の恐れ→その病で死の不安が出て圧倒され自分が呑み込まれそうになる

仕事上の恐れ→トラブルで失敗倒産するかも…自分がトラブルに呑まれる

家庭の恐れ→家族関係に亀裂が生じ崩壊するかも…自分が呑み込まれる

経済的恐れ→経済的行きづまりで家族が路頭に迷うかも…不安に飲まれる

クリスマスは人間の根源的恐れからの解放者キリストの誕生の喜びを伝えるものだ。


U.どのようにして神はその恐れを取り除こうとされるのかー三つの知るべき事

1.恐れる私たちに見えない神の見守りがある事を知る

  イスラエルがアラム軍に取り囲まれ、エリシャの僕達は恐怖におののいたが、神は目を開いて神の軍が守っていることを示された。(U列王6:15-17

【適用】私達が様々な問題に恐れる理由は、見える世界だけに捉えられて見えないところで守っておられるお方がいることがわからない故なのだ。神はあなたの周りに垣を巡らして守ってくださっている。

2.神が万事を益に変える視点を持つ

 創世記のヨセフは17才の時兄達から虐待されエジプトに奴隷として売り飛ばされた。その時点だけで言えば彼の未来は不安と恐れしかなかっただろう。しかしその13年後彼はエジプトで大臣になっていた。その時点で17才を振り返れば恐れも益に変えられるのを知る。私達は未来が見えないから現在の恐れに慄くが、恐れの時、「全てを益に変える神」がおられる。その視点に立つことが必要なのだ。

3.「恐れるな」は神による祝福計画への招きの言葉

神が「恐れるな」と人に語られる時、単に恐れを取り除くだけではない。この言葉は常に恐れに囲まれている人間に今まで経験しなかった様な新しい神の祝福計画を示す時なのだ。:会堂司の12歳の娘が病気で死んだ時、キリスとは悲しみ嘆く父に「恐れないでただ信じていなさい」と言われた。この「恐れないで」はこれから後に示す死人を甦らせる見た事もない奇跡の前ぶれの言葉。「恐れないで」は新しい希望の人生へのステップの言葉だ。クリスマスはその救い主の誕生!

恐れからの解放を伝えるクリスマスメッセージに感謝しようではないか!

posted by kbcc at 15:29| 礼拝