2019年01月21日

2019年1月20日礼拝メッセージ 「前進をためらう時」ルカ22章39-46節音声で聴く。

ルカ22:39−46         「前進をためらう時」       19/1.20

【序】世の中にはどうしても前進させなければならない事がある。しかし時に躊躇い逃げたいと思うこともある。そんな時、今日の聖書は私たちに導きを与えてくれる。

キリストは私達人間の罪と死からの救いを成し遂げる為に金曜日に十字架につけられる事になっていた。しかしそれを敢然と立ち向かう姿とは違ってこの箇所は極めて人間的側面が出ている場面である。それだけ私達に親近感が湧く場面であり、学ぶ事が多い。では前進するに当たっての知恵とは何か?


T.いつものように生きる事

いつものようにオリーブ山に行かれた」(39)これはいつもの「祈りの時」を変わらずもたれたという事である。弟子達が裏切る事を承知だったが…。

【適用】前進する確信がない時、焦って不安なまま前進してはいけない。また取って付けた事をするのではなくいつもの日常を行う事である。慌てず騒がず、毎日している良き事を続けることだ。→「立ち帰って静にすれば救われ、落ちついって信頼すれば力を得る」(イザヤ30:15


U.ゲッセマネに行く事

「ゲッセマネ」とは=苦難の時の神への祈りの事。大きな事には神の御心を確かめることが何より確かな道である。その時に心掛ける点は:

@素直に自分の気持ちを神に伝えること

  「父よ。御心ならば、この杯をわたしから取りのけてください」(42a)

  「この杯」父なる神から託された人類の救いの為に十字架に架かる事。死が怖いという事ではない。罪のないお方が受ける必要のない呪いの十字架に架かる不条理、想像を絶する過酷な苦しみの壮絶さ、父なる神との交わりが断絶する悲しさ、人々の救いの為の十字架の身代わりなのにそれを受け入れない人間の罪の身勝手さ、その一つ一つが主にこの様に祈らせたのであろう。

   【適用】私たちも人には言えない自分の生の願いを率直に神に訴えて良いのだ。

 A心から従順に「飲むべきもの」として受け取れるように祈ること

  「しかし、御心の通りにしてください」(42b)

   キリストは祈る前から、それが神の御心であることを知り「この杯」を飲む気でおられたが、唯それを「父の命令だから仕方ない」という義務感ではなく、本当に心から従順に飲めるように心備えをされたのである。

【証】あなたの良き業を、義務で動くか、心から動くか、Sビジネスマンの証


V.励ましを受けること

  弟子達は当てにならないかもしれないが、キリストを「力づける」存在があった。

 「すると御使いが天からイエスに現れて、イエスを力づけた」(43)

  【適用】前進をするためには、励ましが必要であり、神はそうしてくださる。皆さんの中には励ます側に回っている人が多いかもしれない。そういう方は自分が励まされるところに身を置くことも大切である。意外な人が助けになる。

posted by kbcc at 10:04| 礼拝