2019年01月28日

2019年1月27日礼拝メッセージ 「人生の大魚」ルカ5章1-11節音声で聴く。

ルカ5:1−11          「人生の大漁」               19/1.27

【序】今年2019年は人類が初めて月面着陸してから50年目を迎える年。二年後、地球からある書物が月面に置かれた。16か国語で書かれた4500ページに及ぶ1冊の聖書!聖書は地球から他の天体に送られた最初の本なのだ。地球上で最も人類に深い影響を与えた書物だからだろう。聖書はキリストを証する書物。キリストは神の御子であり、人間に救いをもたらし人生を作り変えるお方なのだ。今日はそのキリストにペテロが出会って救われ変えられる話。


1.ペテロの人柄

 ペテロは今でこそペテロ寺院なんて有るくらい有名だが当初は違った。

  @5:1,2―群衆が押し迫る程キリストの説教に集まるのに、聞かず網を洗い繕う。

A4:38―姑の病気の時、ペテロでなく人々がキリストに癒しを頼む。

      ーペテロは、病気は祈れば直るなど根っから信じず、神よりも仕事、信仰よりも魚一匹取る方が大事という考えー

  

2.その彼がどうしてキリストを信じ、弟子になったか?

 @挫折経験(5)

  自分の最も知り生きている世界で、徹夜までしたのに成果がなかった!

  漁師にとって釣果がないというのは、サラリーマンと違い死活問題である。先行き不安が募る、また自信喪失…だが挫折経験は聖書的に見れば大きな祝福のチャンス。力には二種類ある。生来の力と神の力。挫折は自分の知識や経験が通用しない生来の力の限界で、霊的に言えば新しい次元の知識や力への招きの時なのだ。

 A大漁経験(6)

  キリストの言葉通りにして自分が今まで得た大漁を遙かに凌ぐ魚が沢山取れた事は、長い間漁師をしていた彼には考えられない事であり、人知を遙かに超えた事!

  その時、今まで自分の力で何でもできると意地を張っていた生活が、いかに小さく、愚かであるかが解り、キリストの力の偉大さを知った。(5,6)

【証】村田若狭守(徳川幕府安政年間の軍指令官。プロテスタントで二番目に受洗した武士)

「これまで私は、このような人物を見た事も、聞いた事も、想像した事もありません。驚嘆のあまり私の心は、彼の品性と事業にすっかり虜になりました」


3.祝福をもたらすものは何か?

  それは「その通りにすると」(6)ということであった。

 ペテロは半信半疑であっただろう、いや90%期待してなかったと思う。でも従った!その時、奇跡のような大漁を経験した!

【適用】聖書の世界は唯「いいお話」を聞いているだけでは何も起こらない。キリストが言われるから、もう一度心を決めて、一歩踏み出してみよう、もう一回やってみようという気持ちになって従うことが大切である。その時新しい何かが起こる!  今失意を引きずっておられるあなたに、もう一度そう言われるのではないか!

【証】がむしゃらビジネスマンの溝口さんのキリストとの出会い…

posted by kbcc at 17:51| 礼拝