2019年03月17日

2019年3月17日 礼拝メッセージ 中西正夫牧師 「父よ。わが霊を御手にゆだねます」ルカ23の44から49 音声で聴く。

父よ。わが霊を御手にゆだねます

ルカ23:44−49 父よ。わが霊を御手にゆだねます

【序】あなたは自分の一生を終える時、どんな言葉をるだろう?感謝な言葉か、或いは愚痴や不満であろうか生きてきたように死ぬとしたら…不安でもある。今日の言葉はキリストが息を引き取る最後の言葉である。この言葉は私達の不安を超えて、私たち素晴らしい安心をもたらす言葉である。


T.死後、天国に行けるという安心

神を信じない人にとって死後に希望ないだろう。病院にも頼れないし家族にも頼れない。しかし死が近づくので不安も襲う。そう考える時、キリストが十字架上で、父なる神にご自分の霊を委ねる事ができる言葉を発せられたことはキリスト信じる者にとって死後の世界の希望をもたらす言葉である。

【適用】パスカルの「信仰の確率遊び」(『パンセ』より)


            死後の世界は無かった(0)=

信じる人生(+1)→死 

死後の世界があった(+1)=+2(天国行きは確実だから)               


死後の世界は無かった(0)=0

信じない人生(0)→死

死後の世界があった(−1)=−1(地獄だとしたら)


U地上の未解決の問題も委ねられる安心

死ぬ時、地上で何もかも達成した感があるかというと疑問である。大概、未完成未解決の問題が残るものである。家族の救いが完成していないという事も大きい。キリストにとっても心の中には深く心に留めておられる弟子たちの事あっただろう。人間的に言えば未解決課題を持っておられたである。しかしそれも「父に委ねる」ことができるのだ詩篇138:8「私たちに関わることを主が成しとげて下さる」

【適用】あなたに未解決の問題がある。家族のこの事、あの事そして救いの事…未完成、心残りもあるだろう、しかしあなたが成し遂げなくてもよいのだ。神が成し遂げて下さるからだ。これは大きな安心ではないか!


V.この安心を得る為に必要な唯一つ事

キリストは「父よ。わが霊を御手にゆだねます」と祈られた。平安の人生に必要なことはゆだねる」である。ゆだねる」と似た言葉に「任せる」がある。聖書ではどちらも使われているが違い任せる対象は人である。(:レストランお任せコースシェフにお任せ、という事)それに対して「ゆだねる」対象は神である。神を信じる人生とは様々な問題が生じる中で、それを不確かな人間に任せていくのではなく、間違いのない神様を信頼してゆだねていく事である。ゆだねる」とはすっかり「任せる」事である。普段から人当ての任せるではなく神に委ねるを学びたい。

【結】あるが重い荷を背負って歩いている荷車を引く御者がその人に「お乗りなさい、軽くなるから」しばらくして見るとその人は荷台には載っているが背中に荷を負ったままだった。下してないのだ。あなたはどうか?

posted by kbcc at 18:18 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185726220

この記事へのトラックバック