2019年04月28日

2019年4月28日礼拝メッセージ 「信仰は過去を変える事ができる」創世記50章15-21節音声で聴く。

創世記50:15−21「信仰は過去を変える事ができる」 

【序】人生の成功者と言われる方の本を読むと「決心はなたの未来を変える」ある。でもどんなに決心しても上手く行かない事が多いのではないか?その理由は、過去が解決されていないから。過去が未解決だとそれを引きずりながら生きるので明るい未来が描けないのだ。だから問題は過去が解決する事であるが、ある人は言う「過ぎ去った出来事を変えるなんて不可能ではないか?」と。しかし聖書の福音はそれを可能にし、未来に希望をもって生きるように導く。それをヨセフの体験から伝えたい。


T.過去の苦い意識が変えられヨセフの言葉

父ヤコブが死んだ後、兄息子達には心配が出て来た。それはかつて自分達が虐待した弟ヨセフが今やエジプトの偉い大臣になっており、復讐されるのではないか、という不安であった(15。それでヨセフに父の遺言(17)を語り赦しを願ったが、その返事は、全く過去の被害意識が消え驚くべき愛に満ちた内容だった。

「あなた方は私に悪を図りましたが、神はそれを良い事の為の計らいとされました…ですからもう恐れる事はありません。私はあなた方やあなた方の子供達を養いましょう。」(20,21)


U.どうして過去の苦い意識が変えられたのか 

兄たちが謝ったからだ(17と思う人がいるかもしれないが、そうではない!

ヨセフは兄たちが謝る以前にすでに赦してしまっていた。

「私をここに売った事で心を痛めしてはなりません。神は命を救う為にあなた方より先に私を遣わして下さったのです」(45:5)「私をここに遣わしたのは、あなた方ではなく実に神なのです」(45:8)  

エジプトに来たのは売り飛ばされたからではなく神が先に遣わして下さったと語る。

過去の解釈が変わっている!

確かにヨセフは兄達の虐待を受けて奴隷として売り飛ばされたのでエジプトに来たのは事実であるが13年後牢獄でエジプト王の夢を解きあかしたことで出世大臣になり、そこから素晴らしい政策を施して家族を救う。そこまでの神の導きを理解した時、過去の解釈が変えられ「虐待」ではなく「派遣」だとなる訳だ苦い過去の経験神の視点に立ってみる時、過去の出来事意味がすっかり変わるのだ。それ故「信仰は過去を変える事ができる」言い得るのだ

【証】高3生時の父の事業の倒産や交通事故は不運と僻みで一杯の過去の出来事であったが、それを通して私は「死後に世界があるのか」を求め遂にキリストの救いに預かった。すると交通事故は私を救いに導く恵みの経験だったと感じる。父も事業倒産を通して、お金にまさる確かな人生の土台を知り救いに預かった。意味が変わったのだ


V.過去が変わるために必要なこと

1.重たく暗い過去を変える人生の逆転には、真の愛の神を見出す事が必要である。

神がいるという考え方ではなく、実際に神を受け入れ、神との交わりを持つことで

ある。そうでなければ実際に変化は起こらない。神を受け入れてこそ体験できる事だ。

生の悲劇・苦難・病を今見える事だけで判断しないこと。なぜなら今あなたが感じているのとは全く違う事を神があなたの将来に祝福計画しておられるからだ。

posted by kbcc at 11:58 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185923249

この記事へのトラックバック