2019年05月27日

2019年5月26日礼拝メッセージ 「わたしはあなたの名を呼んだ」イザヤ43章1-4節音声で聴く。

イザヤ43:1−4      「わたしはあなたの名を呼んだ」      19/5.26

【序】あなたは自分が産まれた時の事を親に聞いた事があるだろうか?すると親は「あんたが産まれた時こうだった」と嬉しそうに語り時にはへその緒まで持ってきてくれる。聞く側も素直に幸せな気分になる。その理由は存在そのものに価値を感じられるからだろう。しかし社会に出始めると、やれ成績だ、お金だ、能力だとなる。自分を磨くのはいいが、問題は身につけた物だけで価値が決められてしまう事だ。だから戦々恐々で、安んじる事が出来ない。しかしここに、あなたが何才になっても存在そのものに愛と価値を置くお方のメッセージを伝えたい。その方は「わたしはあなたの名を呼んだ」(1)あなたに語られる神である。

T.誰がそう言われるのか

 「あなたを造りだした方、主はこう言われる」(1)あなたの創造者である神。

Q】「神は果たしているのか?」に答えて。ここにオルガンがあるが作者は知らない。しかし作者の存在を疑う事はない

作品が作者の存在を証するからである。同じように神は目に見えないが、存在される事はその作品を見れば分かる。

:人間の耳にある耳小骨(3,3o)は音を感知する骨だが、人間の骨の中で唯一成長しない骨。生まれた時殆ど見えない

赤ちゃんが親(母)の声だけは明確に感知して記憶していく。もし耳小骨が成長してしまうなら親の声も違って聞こえて

しまう。この仕組みを考えると「デザイナー」(神)がいるとしか考えられない!

U.なぜその神はあなたの名を呼ばれるのか

1.あなたを知っているから呼んでいる

「知っている」とは、あなたの全てを知っているとの意味。どんな境遇でどんな悩み悲しみがあるかも全てを知っている。しかもあなたが神を求める遙か前からあなたの事を知っている。【例】神の子イエスに一度も会った事がないのに木に登って見ていた心虚しいザアカイにイエスは声を掛ける「ザアカイよ」と。罪人としてしか呼ばれなかったザアカイの人生は一変する!

2.あなたを愛しているから呼んでいる 

一般的には、愛とは「好き」になる事だと考えられている。例:あの人を愛している=あの人が好きだ。しかし聖書が語る愛は好きという恋愛を意味しない。聖書的に言えば恋愛はエロスというギリシャ語が使われ、聖書の言う愛はアガペという言葉で、元々違う言葉だ。そのアガペの愛を日本語的にしかも日常的に訳し代えると→「大切にする」が最も相応しい定義だろう。「あの人に愛されている」というのは「あの人に大切にされている」であり、「神はあなたを愛している」は「神はあなたを大切にされている」という事だ。この「大切にされる」という愛は実に大事で、私達はよく「元気が出る、出ない」と表現するが、あなたがたその環境で大切にされている時、あなたに元気が出てくるのであり、あなたがその環境で大切にされていない時、元気が出てこなくなるのである。故に「大切にして下さる」存在を発見するというのは極めて幸せな事だ。

 3.あなたでなければ出来ない使命があるから呼んでいる

「ヤコブ」が「イスラエル」と呼び変えられている(1)。アブラハム、イサク、そしてヤコブという三代にわたる人物の中で最も弱さをもっているのがヤコブ。そのヤコブからイスラエル民族の子どもを与えられる。歴史上の人物でクリスチャンとして活躍した人の中に意外と弱さがあり、神がそれを用いられ大きな使命に生かされた事実がある!

【証】「31歳の誕生日に、私にふさわしいのは死だけだ」と語ったナイチンゲールは命を救う看護師の鏡となった。母とは幼い時に死に別れ、父をインディアンに殺され、婚約者には溺死され、事業箸ポパイ、政界の選挙に5度も落選つづけたリンカーンは人種差別と闘い最も偉大な大統領となった。「自分ほどひねくれ者で僻み屋で怒りっぽい人間はいない」と言ったのは慈父と慕われた5千円札の肖像の新渡戸稲造。

弱さも神にあっては祝福と使命の器になり得るのだ。

posted by kbcc at 22:41 | TrackBack(0) | 礼拝
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186056216

この記事へのトラックバック